空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

「杉原千畝 スギハラチウネ」2D 新宿ピカデリー

1月、水曜日レデースディに「杉原千畝 スギハラチウネ」2Dを新宿ピカデリーで見てきました。

映画 杉原千畝 スギハラチウネ ポスター

 

新宿ピカデリーは、好きな映画館です。今回は、放映されてから時間が経過しているので、小さいスクリーンでの上映です。一番上の階で大変でした...

新宿ピカデリー screen9 MAP

 

 なぜ、好きかというと、一番後ろの席が、前の席との間が異常に空いているのです。人が座っていても、前を歩くのに蟹さん歩きをしなくてすむくらいです。

新宿ピカデリーは、全部のスクリーンがそんな感じだと思います。小さいスクリーンだと、席の前からの位置が、目線に丁度良いくらいになります。

それに、なぜか一番後ろ、落ち着きます。

それに、ここのポップコーンが好みです。アイスカフェラテもです。

新宿ピカデリー 最後列席 足元余裕

 

 

杉原千畝 スギハラチウネ」ですが

見て良かった映画です。ハッピーエンドが好きなので、

さわやかな映画という感じでしょうか、戦争の時代の映画なのに、あの暗い悲しいドロドロとした感じのものがほとんど無かったです。

それに、本当に、領事さんというのは、あんなに待遇が良かったのでしょうか?

(ここからネタバレです)

戦争中なのに、食事もそれなり、洋服もまともで、戦争に負けて、捕虜になってもシベリアなのに...戦争時代よりも落ち着いた良い生活をしている...千畝の家族の表現が、ちょっと奇麗過ぎる感じを受けました。外国人の監督さんだったからでしょうか...日本の方が作る戦争映画とは違う感覚を感じました。