空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

張家界 天子山自然保護区 下り 百龍エレベーター

張家界 天子山自然保護区観光です。頂上の観光と下りです。

 食事のあと、少しずつ、霧が晴れてきました。

気の毒に思ったのか、神様が味方してくれたぁ...と本当に思いました。1時間ぐらい、頂上で観光です。 その後、百龍エレベーターでおります。

 

頂上で1周

細い道を、たくさんの観光客といっしょに遊歩道を回ります。中国の方は、記念写真が大好きです...いろいろな所で、いろいろなボーズをとって、じっくりと撮影しています。なので、記念撮影の列ができてます。

 

周りには、何組もの中国の方のツアーがいます。そのツアー毎にガイドさんがついていて、マイクで大きな声で、説明をしています。中国の方達は、それを聞かずに、個人でそれぞれが大きな声で会話しています。午前中は、上りでほとんど周りに人がいなかったので大丈夫だったのですが...午後は タクサンの中国の方が...いて、タクサンの声の嵐で、圧倒されます...本当にスゴイです...スゴイなんてもんでは無いです。長時間これを聞き続けていると、とても疲れます。1時間くらいで限界です...

季さんに聞いたところ、中国の方が海外旅行をする時の「べからず集」には、「大きな声で会話をしない」が入っているそうです。他にも物を捨てない。タンをはかないとか、いろいろあるそうです。

 

観光に力を入れているのがわかります。危険な箇所は、柵がちゃんと作ってあって、安全です。柵も自然に溶け込むようなデザインで作られています。まだ工事中のところも沢山ありました。

張家界

張家界 天子山自然保護区

張家界 天子山自然保護区

1時間くらい回っているうちに、だんだんと霧が晴れてきました。

 

百龍エレベーター

まだシャトルバスに乗って、百龍エレベーターで、下に降ります。シャトルバスは、巡回してます。台数は多いと思います。この時は、待たずに乗れました。

百龍エレベーターは人気があるので、2時間くらい待つのを覚悟していたのですが、45分くらいで済みました。皆と全く逆ルートだったのが幸いです。
運良く、エレベーターの外側確保、ガラス張りになってます。わくわくと外を見ていたのですが...すぐ、下に到着してしまって、感動はあまり無かったです...

中央に見える突起物が百龍エレベーターです。

張家界 百龍エレベーター

張家界 百龍エレベーター

張家界 百龍エレベーター 入場券

百龍エレベーターからの光景です...

張家界 百龍エレベーター からの風景

  

下に降りると、霧が消えています。下からの写真を撮影する沢山の観光客がいました。

張家界 百龍エレベーター 麓

 もう、クタクタです。ホテルに戻って、休憩してから食事です。また、公園の入り口までシャトルバスで戻ります。

 

で、徒歩で、ホテルに戻ります。10分くらいだったと思います。途中でいろいろな露天がありましたが、あまり欲しいものは売っていなかったです。昔、日本にもあった鳥の水笛とか(若い人は、見たことないかな...)があって、中国の方たちは、購入している人が多かったです。この音も、そこらへんで鳴らされていて...声と笛とで、もう...たいへんでした。

 

ホテルに戻って、雨と汗とでボロボロになっていたので、お風呂でサッパリしました。この時、暖かいお湯にじっくり足をつけておきました。何か疲れが少しとれたみたいです。

李さんが、風呂桶がある部屋を指定してくれていました。このクラスのホテルだと風呂桶が無い部屋も多いそうです。

 

夕食 郷土料理

郷土料理を希望したので、中国の方がよく行く現地の食堂で3人で食事です。ホテルのすぐ裏にあります。外国人はいませんでした。朝、散歩で通ったところでした。

張家界 郷土料理店 凱天国際ホテルの裏

張家界 郷土料理店内

一生懸命に、季さんが料理を説明してくれるのですが、疲れているせいか...普通の煮っ転がしや、スープや漬け物にしか思えなかったです。でも雰囲気は最高でした。

張家界 郷土料理 煮物

張家界 郷土料理 スープ 漬け物