読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

ミャンマー バガン遺跡、ヤンゴン市内観光 寺院、バゴタは裸足で

ミャンマーでは、寺院、バゴタの中は、裸足で観光です。靴下も許されません。

 

広範囲を裸足で観光

事前に調べていて、わかっていたのですが、裸足になるのは、お寺の中でも、中心部だけで、少しの間だろうと思っていました。

ところが、ほとんどが、参道から裸足でなければならなかったです。長い時間、裸足ですごしました。

裸足は、徹底されていて、守っていない方は、ひとりも見なかったと思います。信心深い方達ばかりなのだと...

ミャンマー シュエジゴン・バゴタにて 裸足で観光

奇麗なところは、良いのですが...バガンでは、石や、砂が多くて、砂利のところもありました。この階段は、きれいな方です。 

ミャンマー ティーローミンロー寺院にて 裸足で観光

最初は、かなり、足裏に、小さな砂利がささったりと...ばい菌が入るのではないかと心配しました。ウエットテッシュ持参が必須の観光です。

ただ、時間がたつにつれ、足裏の方が、適応していったのか、全然気にならなくなっていました。

脱いだ靴、サンダルは、そのままその場に置いていくという場所が多かったです。置き場所がある所もありました。ミャンマーの方は、皆そうしていたと思います。持ち歩く場合は、日本のように持ち歩くためのビニール袋等の用意はなく、自分で用意が必要です。

 

 

裸足関連写真

以降、裸足写真で〜す。

 

バガン遺跡の シュエジゴン・バゴタです。比較的に歩きやすく奇麗な寺院でした。地面も奇麗でしたが、金色に輝いて、すばらしかったです。参道が長かった...

ミャンマー シュエジゴン・バゴタ

 

ここが一番、最悪でした。小さな砂利が多かったです。バガン遺跡の中でも最大級の寺院アーナンダー寺院です。

ミャンマー アーナンダー寺院

  

シュエサンドー・バゴタの頂上です。夕日鑑賞待ちの観光客です。皆さん、裸足です。 この日は、あいにく、夕日が雲にかかってしまいました...

ミャンマー シュエサンドー・バゴタ 夕日鑑賞

 シュエサンドー・バゴタから階段を下りてくる観光客です。下に皆さん、サンダルを脱ぎすてて行きます。

私達は、ガイドさんがサンダルを見張っていてくれました。

ミャンマー シュエサンドー・バゴタ 裸足で階段

 

バガン遺跡、ティーローミンロー寺院、改修作業中の作業員も裸足です。危ないだろうに...

ミャンマー ティーローミンロー寺院 裸足で修理

 

 

最終日、ヤンゴンに戻りました。バガン遺跡に比べて、かなり掃除がされていて、足裏に何かが刺さるということは、ヤンゴンではなかったです。

ヤンゴンの中心部にある シュエダゴン・パゴダです。

雨降りです。雨が降ると、かなり裸足だと滑ります。実際に滑りました...滑らないように、雨の日は、この緑のシートが、寺院中に貼られるそうです。雨の中を裸足で歩くというのは、結構、気持ちが良いものでした。

ミャンマー シュエダゴン・パゴダ 雨 裸足で観光

 

お参り方法

チャウタッジー・バゴタです。ここは、屋内でした。床は奇麗でした。

ミャンマー チャウタッジー・バゴタ 屋内

ミャンマーの伝統暦は8曜日あります。水曜日が午前と午後で分けられています。各曜日には方角と守護動物と星が存在していて、自分の生まれた曜日によって決められています。 

パゴダに行くと、その曜日ごとの動物が中心の大きな塔の周りに祭られています。自分の生まれた曜日の守護動物のところへ御参りに行きます。

  • 日:太陽 ガルーダ(鳥)北東
  • 月:月  トラ 東
  • 火:火  ライオン 南東
  • 水(午前):水星 牙のある象 南
  • 水(午後):ラウ(架空の星)牙のない象 北西
  • 木:木星 ネズミ 西
  • 金:金星 モグラ 北
  • 土:土星 ナーガ(竜)南西

私は、月曜日の虎でした。写真にあるように、動物の像がまわるく配置されています。

お参りは、どこに行っても、これでもかと水をかけていました。

 

寄付箱

写真にあるように、どこの寺院にいっても、透明の寄付箱が、ありました。場所によっては、これは、夜間のライトアップに使う電気代とか、いろいろ用途が記載されていたりと、どの寺院でも たくさんのいろいろな寄付箱がありました。

ミャンマー チャウタッジー・バゴタ 寄付金箱

ミャンマー ティーローミンロー寺院 寄付金箱

 

日本に対して

チャウタッジー・バゴタで、観光していたところ、日本語が大きな声で、聞こえてきました。学生さんが、日本語を勉強していたようです。

観光に来ていた、私たちを見て、ニコニコと恥ずかしそうでした。頑張ってください。

ミャンマー チャウタッジー・バゴタ 日本語を勉強していた学生

ミャンマーの方達は、日本人をとても尊敬してくださっています。旅行をしていて、それが、嬉しくなるくらい とても伝わってきました。

日本から輸入した中古車も、塗装し直さず、そのまま使用されてます。日本から輸入したというブランドになるのだそうです。

観光バスも、ほとんど日本のものでした。XX観光とか、バスにデカデカとありました。私達の観光バスは、歌舞伎の絵が書いてありました。きっとすごいブランドなんだろうなと思います。

ミャンマー 今回の観光バス 日本のロゴはそのまま使用

チャウタッジー・バゴタの外に停まっていたアイスクリーム屋さんの軽自動車も、xx豆腐店て書いてありました。皆で、豆腐屋がアイスクリームを売っているんだと失笑してました。

ミャンマー アイスクリーム車 xx豆腐店のロゴがそのまま

 

 

犬と猫

上の写真にあるように、犬は、皆、痩せていて、ほとんどが同じ犬種の犬のようです。いろいろな寺院で、だらっと寝ている犬がたくさんいました。危険を全然感じない犬でした。犬を散歩されている方は、見なかったです。

猫も、同じ種類しか見ませんした。それが、とても凛々しいのです。キリっとしていて、何か堂々としていて、犬とは、かなり違ってました。

 

チャウタッジー・バゴタにいた猫達です。

ミャンマー チャウタッジー・バゴタ 凛々しい猫

ミャンマー チャウタッジー・バゴタ 猫 種類は同じ?

この子は、座ってはいけないと書かれた椅子に堂々と座っていました。

ミャンマー チャウタッジー・バゴタ Do'nt sit down にすわる猫

犬や猫が、皆、穏やかで、ゆったりとしていました。恐らく、だれも危害を与えないからなんだと思います。今回、接した人々もゆったりと、時間が流れているように見えました。