読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

【乗合】日本橋発着 東京の運河めぐり探険クルーズ 小名木川 パナマ運河ミニ版

旅行 個人旅行 国内旅行:東京 クルージング

株式会社ジールの「【乗合】日本橋発着 東京の運河めぐり探険クルーズ」に参加してきました。

前半の日本橋川から隅田川は、こちらの日記です。 

小名木川

隅田川から萬年橋をくぐると、小名木川です。

すぐに、小名木川水門があります。ここをくぐります。

運河クルーズ 小名木川 小名木川水門

ここらへんは、桜のポイントだそうです。この時は、桜は終わってしまって、葉桜になってました。桜の時期、予約がたくさんで、取れなかったです...

運河クルーズ 小名木川 桜の名所

途中の分岐に、スカイツリーのビューポイントがありました。麓に桜の木です。満開の時、奇麗だったんだろうなぁ。

運河クルーズ 小名木川 スカイツリー

 

パナマ運河 ミニ版

今回のクルーズの山、 扇橋閘門 が見えてきました。

パンフレットの説明です。

パナマ運河のミニ版【閘門(こうもん)船のエレベーター】を実際通過し、 水門と閘門の違いを実体験できます。閘門通過はなかなか体験できない、まだ知られていない東京の運河のひとつです!

向こう側の川と水位が違うそうです。それを、この門の中で水位を下げたり、上げたりして、船を通過させるそうです。

運河クルーズ 小名木川 扇橋閘門 信号

 

信号が青になると、前扉が開きます。東京都の管理で、出入りする船を監視して、水位調整を行っているそうです。

運河クルーズ 小名木川 扇橋閘門 前扉

すでに、門の中に入っている船がある場合は、出てから入ります。

この時は、カヌーが3船、入ってました。水上スクーターは入れないそうです。

運河クルーズ 小名木川 扇橋閘門 カヌー通過

 

水門の中です。クラゲがたくさんです。ガイドさんも驚いてました。

運河クルーズ 小名木川 扇橋閘門 中 クラゲがたくさん

前扉も閉まり、後扉も閉まっています。

運河クルーズ 小名木川 扇橋閘門 中 後扉

最初の水位です。

運河クルーズ 小名木川 扇橋閘門 最初の水位

水が抜かれていきます。10分くらいです。この間、この門の説明が音声で流れていました。

2m近く水位が下がりました。

運河クルーズ 小名木川 扇橋閘門 水を抜いた後の水位

後扉が開き、通過できます。

運河クルーズ 小名木川 扇橋閘門 中 後扉 開く

前扉を通る前に、傘が渡されました。なぜかというと...扉が開いた直後は、赤い扉の下は土砂降りだからです。 結構な水の量でした。「面倒だから、いらない。」なんて言っていると、びしょ濡れです。

運河クルーズ 小名木川 扇橋閘門 扉 通過時傘必要

 

小名木川クローバー橋まで、行って、Uターンです。

橋の下から、スカイツリーがまた見えてました。

運河クルーズ 小名木川 小名木川クローバー橋

 

門の中に戻ってきました。

この間、だれも、門の中を通らなかったので、後扉が開いていて、水位は、抜いたままでした。

私たちの運河船が入って、扉が閉じ、今度は、水位を上げています。水が増えてきているのが、目で確認できました。クラゲ...どこいったんだろう。

運河クルーズ 小名木川 扇橋閘門 中 水位上昇

 

クラゲは、水が止まったら、まだプカプカと浮いてきていました。また、傘をさして、前扉を通過です。

運河クルーズ 小名木川 扇橋閘門 中 再び前扉通過

 

水鳥がたくさんいました。葉桜になってしまった、桜の木です。満開の時、奇麗だったんだろうな〜。

運河クルーズ 小名木川 水鳥

 

隅田川

隅田川に戻ってきました。また、墨田大橋をくぐります。

運河クルーズ 隅田川 墨田大橋

また永代橋です。今度は、永代橋越しに、高層ビルが見えます。よく東京を紹介する時に使われる風景だそうです。

運河クルーズ 隅田川 永代橋越しの高層ビル

 

日本橋川

日本橋川に入るところで、ZEALの姉妹船と出会いました。豊海橋です。

運河クルーズ 隅田川 ZEAL 姉妹船

高速道路下に戻ってきました。

運河クルーズ 日本橋川 高速道路下

船着き場に戻ってきました。

運河クルーズ 日本橋川 船着き場看板

桟橋です。

運河クルーズ 日本橋川 桟橋

到着です。

運河クルーズ 日本橋川 到着

 

面白かったです。今度は、羽田空港のクルーズに参加しようかなと思っています。他にもいろいろなクルーズがあるようです。