読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

「ガールズ&パンツァー劇場版」4DX ユナイテッドシネマ豊洲

ガールズ&パンツァー劇場版」4DXをユナイテッドシネマ豊洲で見てきました。

久しぶりに4DXバンザ〜イ!!映画でした。

映画と連動した4DXの動きが最高でした。映画内容も、このコミックを初めて、見たせいもあるかもしれませんが、とても面白く満足でしたぁ。

f:id:rararasan:20160525152314j:plain

ユナイテッドシネマ豊洲 スクリーン7MAP

 

特典フィルム

入り口で、なにやら頂きました。

「ガールズ&パンツァー劇場版」生コマフィルム

ネットで調べたところ、来場者特典に「生コマフィルム」が配布されているようです。

http://girls-und-panzer.jp/theater.html

5月24日21:25に時点では、まだ配布されていました。絵柄によって、オークションで、高値がついているのもあるようです。


観客層

4DXでなかったら、見に行かなかった映画です。何やら、萌え系の映画のようなので、内容もなく、そちらばかりが主張される映画だと思っていて...

確かに、映画館に入って、少しタジロギました...入場者の9割以上が20代〜40代くらいの男性です...というより、女性が、私を含めて4人くらいしか見なかったかと...

まあ〜...映画が始まる前までは、気にしない気にしないと...自分に言い聞かせ...隣の席の子が若い女の子がひとりで来られているようでしたので、そんなに浮かなくてすんだかと...

もう少し若い格好をしていけば良かったです。会社の帰りだったので...ちょっと年配風な格好をしてました...

 

予備知識

ガールズ&パンツァー」は、「戦車道」といわれる「茶道、花道」と同じような女性のたしなみが存在する世界。

政府も推進していて、全国的に学校対抗が行われていて、「戦車道」をたしなんでいると男子にもてるというので、女子は、みなやっている。

戦いは、実弾を使って、行われていて、戦車の中は、何があっても安全な構造になっているからガンガン戦ってもケガとかには、無縁らしい。

 

気持ちがよいくらい、ガンガン打ちまくって、対抗戦は、街中とかで行われていたりして、街を破壊つくします。マンションなんか、大きな砲弾で、粉砕されます。

戦車も、いろいろな特徴の種類のものが出てきて、それぞれの特徴を良く描いていて面白かったです。

粉砕された戦車は、ヒックリがえったりして、白旗が、戦車から、ヒョッコと出て、降参するという描写も面白かったです。

 

4DXについては、こちらの日記を参照ください。

 

 

ここからネタバレ

 

内容 & 4DX

映画は、3分間の予備知識から始まって、「戦車道」の説明が入って、解り易かったです。

そして、本編は、突然、対抗戦から、始まります。戦車の震動が、4DXの椅子が良く表していましたぁ。
始まるまで、何か息苦しかった映画館も、風が吹き渡ったりして、心地よくなりました。

 

戦車で、ガンガン実弾で、戦っているのに、女の子達のゆるい感じの会話とかが、面白く、戦いがスピード感もあり、今までみたことがない映画の世界です。


戦闘中の4DXは、椅子が絶えず動いていたし、戦車が破壊された時の煙とか、戦車がスピードを出した時の風とか、良く考えられている映画だと思います。


キャラクターも、それぞれの特徴が確立されていて、それが、そんなに想像していた萌え系でなく、嫌みがなく、女性が好きそうなキャラクターで描かれていて、引き込まれます。

 

戦闘が、終わって、お風呂のシーンも、嫌らしい表現もなく(ちょっと...萌えを...考えすぎてしまっていたです^^;)、かわいらしく表現されていました。お風呂のシーンでは、4DXは、シャボン玉をたくさん出ていました。良い感じです。

 

雨が降るシーンでは、本気で、雨が上から振ってきました。今までの4DXやMX4Dでは、吹き付けられるのはあったかと思うのですが、上から振ってくる感じは、初めてです。ちょっとメガネの方は、水滴が付くので、拭くものを持っていった方が良いです。

 

4DX、内容、終わり方も、とても満足の映画でした。もう一度、4DXで見たいです。
女性や、年配は、ちょっとと...思う映画かもしれませんが、見ることをお勧めします。ぜひ4DXで。