読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

「星野リゾート界 日光」施設、ご当地楽

クラブツーリズム ツアーで「星野リゾート界 日光」に宿泊です。今日は、いろいろなホテルの施設についてです。

日光下駄

ホテルの入り口に、日光下駄が奇麗に陳列されていました。自由に使用できるようですが、使っている方は、見なかったです...

「星野リゾート界 日光」玄関 日光下駄

 

組子ライブラリー

ロビーに栃木の伝統工芸を配した「組子ライブラリー」というくつろげる場所があります。椅子とテーブルがいくつかあり、常時、珈琲紅茶のサービス(セルフサービス)があります。

「星野リゾート界 日光」組子ライブラリー 珈琲紅茶サービス

ただ、この珈琲マシン、すぐ、使用済みの粉の交換なのか、メンテナンスが必要で、係の人に、いちいち言わなければならず、いまいちでした...もう、夜の22時過ぎには、使えなくなってました。(係の方はいないので)カプセル式のドルチェグストとかネスプレッソにすれば良いのにと思ってしまいました...

 

組子ライブラリー 時間帯別サービス

時間帯により、他のサービスもありました。

宵待ライブラリー 16:30〜19:00(無料)

中禅寺湖に沈む夕日をイメージして、ロゼスパークリングをご用意しております。

 他のツアーの方は、ロゼスパークリングを試されていたようです。私は、この時間帯、華厳の滝でフラフラしていて、機会を逸してしまったです。

組子Bar 16:30〜20:00(有料)

オリジナルのノンアルコールカクテルや日本酒カクテル、生ビールなどをお召し上がりいただけます。

月影ライブラリー 20:00〜23:00(無料)

夜の幻想的に浮かび上がる組子の空間で、栃木の日本酒やオリジナル日光コーヒーをゆっくりとおたのしみください。

小さなオチョコと日本酒が1瓶、用意されていているだけで、皆さん、ちょっと嗜む程度で、カパカパ飲まれている方はいなかったです^^。

日光コーヒーは、豆から挽いて、飲んでみたのですが...違いがわからなかった...

チョコレートが1種類、用意されていました。 

組子ライブラリー...ホテルのクラブラウンジのようなサービスを期待してしまっていました(そこまで期待してはいけなかったか...)。ちょっと全体的に、質素な感じを受けました。

 

温泉

お風呂に行く途中に、タオル置き場があり、自由に使えました。これは良かったです。

「星野リゾート界 日光」お風呂 タオル置き場

女性用には、2つの露店風呂と、ひとつの内湯がありました。

最初のお風呂には、露天風呂、内湯、サウナがあります。そんなに大きくはなく、小ぢんまりしています。

「星野リゾート界 日光」女湯 入り口

2つ目のお風呂は、露天風呂のみで、1つ目のお風呂の先にあります。わかりにくいです。

「星野リゾート界 日光」2つ目の女湯へ

この廊下の先にあります。

「星野リゾート界 日光」2つ目の女湯 入り口

こちらの露天風呂?は、早朝、だれもいなかったので、撮影しました。このお風呂の横に、3つの洗い場があります。サイトの写真では、素敵に撮影されていますが...何か、納屋みたいで、もう一度、このお風呂に入ろうとは思わないです。お風呂を独占したい場合は、良いかもしれないです。

「星野リゾート界 日光」2つ目の女湯

 

湯上がり処

お風呂の近くに、湯上がり処があり、いくつかのビーズクッションがあります。ご夫婦の方は、待ち合わせ場所に使用されていました。

「星野リゾート界 日光」湯上がり処

この湯上がり処には、冷蔵庫の中にアイスキャンデーも用意されています。これは嬉しかったです。

「星野リゾート界 日光」湯上がり処 アイスキャンデー

 

ご当地楽

日光下駄談義 19:30〜20:00 お食事処 能舞台にて江戸時代、日光東照宮参拝の折に使用された、栃木県の伝統工芸品をスタッフがタップダンスに交えてご紹介いたします。

楽しかったです。

最初に、日光下駄を履くように促されます。部屋にあります足袋を履いていった方が良いです。靴下でしたので、素足です。

「星野リゾート界 日光」ご当地楽 日光下駄

観客が集まると、日光下駄のルーツから説明があります。説明が上手です。引き込まれます。

最初に、スタッフの方がタップダンスを披露してくださいます。

「星野リゾート界 日光」ご当地楽 タップダン

 

その後で、「簡単なフレーズの組み合わせですので、みなさん、参加しましょう。」となります。開始時に、日光下駄を勧められたのは、このためだったです。

3種類くらいのフレーズを覚えて、席にすわったまま、音にあわせて、足(下駄)を鳴らします。これが、結構、優しくもなく、難しくもないので、面白く、楽しかったです。その後、記念撮影がありました。

次回は、食事についてです。