読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

はとバス 「ピアニシモⅢ」貴賓席の旅:河口湖オルゴールの森、富士飛行社、ルミエールワイナリー

2015年3月「“ピアニシモⅢで行く” 河口湖オルゴールの森 眠れるタイタニック号一等客船フレンチ」のはとバスの最上級バスでの日帰りツアーに参加した時の模様です。

はとバス 最上級バス ピアニシモⅢ

はとバスの最上級バス、ピアニシモⅢは、横3列24席、化粧室付きバスです。

外観です。

 はとバス「ピアニシモⅢ」外観

 正面からです。

はとバス「ピアニシモⅢ」正面

革張りシートです。ブランケット、スリッパが用意されています。椅子には、コンセントが付いています。柔らかく座り心地の良い椅子です。レッグレストもあります。

この時は、1人参加者が2名で、1列シートは、3列目以降が空席でしたので、窓枠ない3列目に移動させていただきました。

はとバス「ピアニシモⅢ」右側、一人席

右列1席、左側が2席の構成です。前の方がリクライニングしても、余裕です。

はとバス「ピアニシモⅢ」右側、二人席

足元は、フットレストがあります。ただ、一番前の席の場合、ありません。これがあるのとないのとでは、かなり違います。

はとバス「ピアニシモⅢ」右側、一人席 フットレスト

行きに、お菓子とお茶のサービスがあります。帰りにもお菓子は無いですが、お茶のサービスがあります。

はとバス「ピアニシモⅢ」お菓子とお茶のサービス

高級観光バスとしては、クラブツーリズムの 「ロイヤルクルーザー四季の華」がありますが、バスとしては、はとバスさんの この「ピアニシモⅢ」の方が乗り心地が良い感じです。

  

出発

7:30分出発です。ただ集合は、20分前までになります。バス停でなく、営業所前に集合です。一番最初の参加時、間違えて、遅刻してしまいました...

はとバス「ピアニシモⅢ」新宿駅 東口 出発

はとバスですので、バスガイドさんの案内が所々であります。富士山が見えてきました。

はとバス「ピアニシモⅢ」より富士山

 

富士飛行社 優先見学

最初に到着したのは、富士急ハイランドのアトラクション、「富士飛行社」です。

バスに乗ることが目的でしたので、観光にはあまり期待していなかったのですが...

すごい体験でした。

直径20mのスクリーンを利用して、本当に富士山を上から見下ろしているようでした。

スクリーンが映し出された時、皆、歓声をあげていました。いろいろな映像が映し出され、いかにもその上を飛んでいるように演出されていて、風や、水を感じることができて、すばらしいです。

絶叫マシンではないので、安全な乗り物ですが、本当に高いところを飛んでいる感覚なので、スリルがあります。

富士急ハイランドのアトラクション、「富士飛行社」ツアー入り口

人気があって、1時間待ちということでした。ツアーの場合は、なんと、入り口が別にあります。事前に予約してありますので、一般の方たちが入ってくる前に、列に並んでしまいます。ほとんど待たずに、見ることができます。

私たちは、予約時間より、かなり前に到着してしまったので、少々、待ちましたが、15分程度でした。 


河口湖オルゴールの森

川口湖を通って、「河口湖オルゴールの森」に移動です。

はとバス「ピアニシモⅢ」より河口湖

「河口湖オルゴールの森」

 

「ル・リバージュ」にて昼食

園内のレストラン「ル・リバージュ」で 2階特別サロンに移動してランチです。

タイタニック号の一等客船客に出されていたフレンチメニューの再現です。

メニューが使い回しているような感じです...何か...古い...

特別サロン??? 狭いし、高級感ないです...

「河口湖オルゴールの森 レストラン ル・リバージュ」タイタニック号の一等客船客 フレンチメニュー

ここのレストランのサービスは、あまり...です。飲み物、全然、気にしてくれません。呼ばないと、注文も取りにきてはくれませんし、料理出しも、スムースでは、全くありません。

昔のデパートの何でもあるレストランのレベルのサービスです。つまり、レストランとしてのサービスを期待してはいけません。食堂レベルです。

居心地感が、最悪でした。料理の味は、あまり覚えていないので、不味くはなかったのだと思います。

 

前菜、帆立のカルパッチョ ソースタプナード

帆立が見えない...

「河口湖オルゴールの森 レストラン ル・リバージュ」ランチ 前菜

スープ、押し麦のクリームスープ

「河口湖オルゴールの森 レストラン ル・リバージュ」ランチ スープ

魚料理、サーモンのソテー ムースリーヌソース

「河口湖オルゴールの森 レストラン ル・リバージュ」ランチ 魚料理

肉料理、牛フィレ肉とフォアグラ リリー風

「河口湖オルゴールの森 レストラン ル・リバージュ」ランチ 肉料理

デザート、エクレアとワルドルフプリンと珈琲 

「河口湖オルゴールの森 レストラン ル・リバージュ」ランチ デザート

食事中に、百年前のオルゴール演奏が...という旅行案内ですが...聞こえなかった...たぶん、流れていたのでしょう...

 

河口湖オルゴールの森 園内

食後は、園内自由散策です。いろいろなオルゴールの展示、オールゴールショップがありました。

「河口湖オルゴールの森」いろいろなオルゴール展示

園内は、ところどころに、お花が、とっても...たくさんというほどではありません。

「河口湖オルゴールの森」庭のお花

時間になると、中央の池で、噴水ショーがありました。

「河口湖オルゴールの森」庭 噴水ショー

 

タイタニックショー

タイタニックショーの開催時間になり、待っていると、スタッフが、劇団員のように、お客さんを開場に誘導します。開場には、大型のオルゴールが沢山です。 

オルゴールのそれぞれの解説を聞いた後、演奏会です。

この中のどれかが、タイタニックの事故から、難をのがれたオルゴールだそうです。

「河口湖オルゴールの森」タイタニックショー 大型オルゴール

オルゴールで、こんなに立派に、曲が演奏されるのを知りませんでした。期待していなかった分、聞き惚れてしまいました。レストランの酷さ、これで帳消しですね。

オペラ歌手とオルゴールの競演もありました。 迫力でした。

「河口湖オルゴールの森」タイタニックショー オルゴールとオペラ歌手の競演

 

ルミエールワイナリー

次は、ルミエールワイナリーで、見学、テイスティング、買物です。

国道から、少し、歩いて、到着です。ブドウ畑の説明からです。

このころは、休眠していたブドウの木が動き出したころで、「ぶどうの涙」とよばれる樹液が滴り出ていました。

「ルミエールワイナリー」ブドウ畑

次に、工場内の見学です。

「ルミエールワイナリー」ワイン工場

貯蔵庫の見学です。ヒンヤリしていました。

「ルミエールワイナリー」ワイン貯蔵庫

店舗で、テイスティングと、お買い物です。

「ルミエールワイナリー」店舗入り口

 

帰路

帰路は、バスの中で、飲み物のサービスがあります。また、ヘッドフォーンが配られ、音楽なり、テレビの鑑賞をしながら、帰路につきます。テレビは1台、一番前の中央に下りてきます。旅番組が流されていました。