読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

「後妻業の女」2D 新宿ピカデリー

映画

「後妻業の女」2Dを 新宿ピカデリーで見てきました...最悪でした...途中、寝てしまったのは、久々です。

「後妻業の女」ポスター

新宿ピカデリー スクリーン5 マップ

 

見ようと思ったのは...

テレビの予告編で、「大竹しのぶ」さんと「笑福亭鶴瓶」さんの遣り取りが、かなり不快だったので...いや〜な予感はしていたのですが...
大竹しのぶ」さんが主演、そして、脇を「豊川悦司」さんが固めていると思ったら...期待して見に行ってしまいました。

 

ここからネタバレ

 

無駄な時間でした...

愉快な、面白い映画だと期待して見に行きました。

ところが、ドロドロの昔ながらの何かを背負った日本映画、ただの殺人者の映画でした。
今の時代なのだから、こういう、暗い部分が無く、いろいろな手練手管を使って、騙しあげて、頭脳を使って、愉快にお金を巻き上げていくような、内容だと思っていました。

ところが...そういう内容は、ほとんどなく、全くなく、ただ、殺人を続けていくことで、お金を手に入れ、それを突き止めた探偵に脅され、最後は、実の息子に足を引っ張られ、窮地に追いやられるが、結果的には、悪は勝つみたいな、終わり方...

もう、新しいものなんて、何もなくて、いつの時代の映画だ〜と思ってしまいました。

無駄な時間を過ごしてしまいました。

他の方も皆そう、思ったのではないでしょうか、映画が終わって帰る時、皆、無言です。会話がひとつも聞こえませんでした。

 

理解ができない...

よくこんな内容の映画を、「大竹しのぶ」さんも「豊川悦司」さんも引き受けたな...と思ってしまいました。

二人のイメージが今までと違って、かなり、悪くなってしまって、悲しいです。

二人とも大好きな俳優さんなのに...

そういえば、最近、「豊川悦司」さんテレビであまり見ないです。年のせいでしょうか...それとも役作りのせいでしょうか...今回の映画では、昔の面影が残っていなかったです...

 

忘れよう...

もう、忘れようと思う映画でした...