読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

「超高速!参勤交代 リターンズ」2D 新宿ピカデリー

映画

 「超高速!参勤交代 リターンズ」2D を新宿ピカデリーで見てきました。前作もそうでしたが、俳優さんが皆、適役ですね。愉快で楽しく、あたたかい映画です。公開初日、映画館、満席でした。

「超高速!参勤交代 リターンズ」ポスター

新宿ピカデリー スクリーン9マップ

 

この映画は、いつもと違う年代層だなぁと感じました。ご年配の方(自分もそうなのですが...)が多かったです。
ところどころで、笑いが漏れ、映画館の雰囲気、良い感じでした。

 

前作

前作、面白かったです。今作も、面白かったです。内容は、ともに、高速参覲交代なのですが、同じような構成には、なっていないので、楽しめます。

前作を見ていなくても、今作では、大事な部分は、しつこくなく、回想シーンが入っているので、大丈夫です。

派手な、戦闘シーンが増えてます。皆、強いという設定は、気持ち良いですね。皆、カッコ良い〜です。

 

俳優陣

前作に引き続き、俳優陣は、変更になってないですね。ベテランが多いです。

皆、それぞれが、今作も前作と同様に、期待通りの演技をしてくれます。それぞれのキャラクターに適役ですね。

今回、前作には、出てこなかったと思うのですが...(記憶に残ってないのかな...)荒木源八郎の妻の富田靖子さんが何か、光って見えました。好きな女優さんだからでしょうか、何か、久々に演技を見れて、嬉しかったせいもあるかな。(最近、見て無かったような...)

この映画は、あいかわらず、裸になる演技も多いですね。なのに、だれもダレた体でなくて、鍛え上げているのは、すごいです。

脇役の悪役さんは、変わっていましたが、諸坂三太夫役の渡辺裕之さん、良い役やってました、カッコ良かったです。映画が終わった時、「あの人知っていた?〜」とか、前の席の女性グループが騒いでました。

 

ここからネタバレ

 

あらすじ

売店の横に、こんなのがありました。あらすじを簡潔に解説してあります。さすが、プロ〜...私なんかが書くよりわかり易い〜です...

「超高速!参勤交代 リターンズ」あらすじ看板

 

拡大です。

「超高速!参勤交代 リターンズ」あらすじ看板 拡大 前半

「超高速!参勤交代 リターンズ」あらすじ看板 拡大 後半

 

前作は、参勤交代部分がメインですが、今作は、城を取り返す湯長谷藩でのシーンがメインになっています。

あいかわらずの民を思う藩主の殿様のあたたかさが、いやみなく伝わってきて、心がホッコリします。

 

面白かった箇所

今作の面白かった箇所です。

  • 相変わらずの無茶ぶり知恵出し要求。困難に会った時の奇策を殿様が家老に要求する部分、何度も出てきます。困った顔の家老、無茶ぶりする殿様、思わず、微笑んでしまいます。
  • 関所を抜ける時、棺桶の中に殿様、この時の死人の化粧...なんかリアルです。
  • 参勤交代で、人数を多く見せる部分、今作はこのシーン、1度だけなのですが、猿を使っての奇策、それなりにリアル?で、面白いです。
  • 今作、初めてでてくる「大岡越前」、そんなに力強い味方になってくれる役所なのかなと思っているところで、出てきた俳優さんが 古田新太さん、なぜか超安堵。スゴイですね...役者さんって。
  • 弓の名手の知念さん、開始30分くらいで、川に流され、しばらく退場、結構、ガッカリしました。しかし、城に駆けつけ、再登場!皆が活躍しているのに、ひとりだけ、女性にキャーキャーは、相変わらず面白いです。

 

ちょっと、違和感があった箇所

戦闘中の殿様と お咲のやりとり部分(お咲きが殿様に自分をどう思っているのか迫るのですが...)、このシーン、あまりにもリアルさがなく、不要ではと思ってしまいました。

このシーンが無くなると、深キョンのメインシーンがほとんど無くなると思うのですが、いらないです。

殿様とお咲のカラミ、前作は、違和感、全然、感じなかった...逆にとても良かったのですが、今作は、殿様とお咲が、物語から浮いていた感じが少ししました。 

 

行って、帰ってきたので、もう、次回作は無いかな...次の参勤交代...かな