読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

カンボジア シェムリアップ 「バンテアイ・スレイ」遺跡 砂岩の精巧で美しい彫刻の遺跡

ヒンドゥー教の寺院遺跡、ほとんどが紅い砂岩で建造されたバンテアイ・スレイ (Banteay Srei) の観光の模様です。 

入り口

大きな蓮の池の側の道を通って行きます。

アンコールワット バンテアイ・スレイ遺跡 周辺 蓮池

入り口の塔門です。とても人気のある遺跡です。人の合間を縫って撮影です。

アンコールワット バンテアイ・スレイ遺跡 入り口

彫刻がすばらしいです。

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 入口 塔門の彫刻

 

参道

第一周壁を通ると、リンガの並んだ参道です。雨が降ってきました。いたるところに水溜りです。

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 リンガの並んだ参道

2番目の門をくぐると、両脇に壕のある参道です。

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 第二周壁内 参道

壕から、最後の塔門です。

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 第二周壁内 壕より

 

最後の塔門

最後の塔門です。

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 最後の塔門

一番奇麗な、彫刻でした。 

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 最後の塔門 彫刻

 

ヨニとリンガ

ガイドさん力説していました。

「ヨニ」女性器をあらわしており台座です。「リンガ」男性器です。「ヨニ」に「リンガ」が置かれ、その先端からかけられた水が「ヨニ」から流れ落ち、聖なる水になるそうです。

アンコールワット バンテアイ・スレイ遺跡 ヨニの台座

こちらは、「ダブルリンガ」の台座です。

アンコールワット バンテアイ・スレイ遺跡 ダブルリンガの台座

ガイドさん、観光ガイドの資格を取得するには、時間とお金がかかるそうです。いろいろ勉強が必要で、カンボジアでは、地位のある資格のようです。皆さん、同じ服装をされていました。統制が良く取れている感じを受けました。

 

たくさんの建物や像

狭い遺跡です。なのに、人気があるので、観光客がたくさんです。ゆっくりできない感じです。

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 建造物

建物や、像が、たくさんです。

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 建造物

 レリーフも、いろいろな種類があります。

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 レリーフ

 

東洋のモナリザ

盗まれた「東洋のモナリザ」と呼ばれているでデヴァター(女神)が、この中のどれかだと思うのですが...

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 「東洋のモナリザ」建造物

これかな...それにしても、どうやって、持ち出したのだろう。その為なのか、この遺跡は、建物の近くに近づけないです。写真を撮影するには、良いですね。(あまり人が映り込まないです...)

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 「東洋のモナリザ」?

こんな感じで、グルッと近づけないようになっています。

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 建造物のまわりの囲い

遠目でも、レリーフは、精巧にできているのは、よくわかりました。 

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 レリーフ

 

外から

観光が終わって、壕の外から撮影しました。

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 壕の外より

遺跡の回りには、やはり、発掘途中の番号が付与された、発掘物が、沢山、置かれていました。像の頭が壊れているのが、多いですね。

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 発掘作業中

リンガの並んだ参道です。外から撮影です。さきほどまで、あんなに列を成していた観光客がいないですね。時間帯にもよるのかもしれませんね。

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 参道 外より

 

周辺

この遺跡の周辺の田んぼです。雨期なので、すごい水の量です。この手前で、子供達が、首まで、使って、水浴びして、遊んでいました。

カンボジア シェムリアップ バンテアイ・スレイ遺跡 周辺 田んぼ