空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

カンボジア シェムリアップ 「アンコール・ワット」遺跡 アンコール遺跡の代表、広大な遺跡、戦いの跡

アンコールワット遺跡の観光は、ツアーの最後でした。疲労が溜まっている上に、さらに休憩無しの3時間の観光で、つらい修行のようでした...それゆえか...残った写真を見ると、あまり観光できてない感じです。

大きな遺跡なので、しっかり観光するには、時間をかけないといけないですね...あまりご紹介できないですが...覚えている範囲で記載しました。

 

土手道まで

アンコールワット遺跡前の広い道路です。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」遺跡前の道路

日の出鑑賞の時と同じに西正門から入ります。周囲の壕です。左側に、参道へ続く土手道です。壕の前では、ゆったりと腰掛けて、寛いでいる方が、沢山おられたです。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」西正門前の壕

 

西正門

西清門から入ります。ベンメリア遺跡と同じにナーガ像が左右にあります。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」西石門

入り口の柱です。内戦時の銃弾跡が残っています。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」西正門 柱 銃弾お跡

今までの遺跡では、銃弾跡は、(気がつかなかったのか...)目にすることがなかったです。ここのは、修復せずに残してあるのでしょうか?...かなり痛々しいです。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」西正門 柱 銃弾お跡

 

参道

西正門を入って、第1回廊までの参道です。日の出鑑賞の時には、暗くて、あまり気にならなかったのですが...正面の建物が、修復中で、緑のビニールシートがかかっています。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」参道

ベストショットの左側の池の前からです。池に映る「逆さアンコールワット」です。...ビニールシート...残念です...

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」池に映るアンコールワット

さらに、この池の左側の遺跡まの道には、ずらっと、お土産屋さんが並んでいました。ちょっと閑散としていました。

 

第1回廊

延々と続く、一番、外側の柱です。ここは、観光客があまりいない時は、写真スポットです。途中の柱から、ヒョコっと顔だけ出した写真は、結構、絵になります。私たちも、ガイドさんの勧めで撮影していただきました。良い記念です。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」第一回廊 外側 たくさんの柱

柱の内側は、長い壁画が続きます。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」第一回廊 長いレリーフ

 「インドの叙事詩」にまつわる彫刻、「天国と地獄」の彫刻群等、いろいろ説明をしていただいたのですが、沢山あって、あまり記憶に残ってないです。写真もあまり撮ってなくて...

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」第一回廊 レリーフ

 

ところどころ、このように赤く(黒く)テカっている箇所があります。多くの方が触って、こうなってしまったそうです。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」第一回廊 黒びかったレリーフ

デバター(女神)のレリーフで、胸だけが...黒光りしている像も沢山ありました。観光客が今でもなでているようです。

 

東南の第一回廊の有名な「乳海攪拌」のレリーフです。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」第一回廊 「乳海攪拌」のレリーフ

 

 

十時回廊

第二回廊前の十時回廊です。田の字の4つの沐浴場があった場所です。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」十時回廊 沐浴場跡

ここには、落書きが多く、江戸時代の日本人の落書きも残っていました。墨書きです。さらに墨で消したあとまで...漢字も見えます...

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」十時回廊 日本語の落書き

 

第2回廊

第2回廊の写真が、全くないです...急な階段で、登るのが大変〜で、余裕がなかったです...時間がなくて、休み無しだったので、ちょっとフラ〜フラ〜していて、個人で来ていれば休めるのですが、ツアーは、大変ですね。体力をつけねば。

 

中央祠堂

アンコールワットの中央祠堂に辿り着きました。広々しています。 カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」中央祠堂 width=

第3回廊に囲まれています。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」中央祠堂 第3回廊

沢山のデバター(女神)のレリーフがありました。色が違うのは、修復され、追加された部分でしょうか。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」中央祠堂 バター(女神)のレリーフ

以前は、上に登れるようだったのですが、階段はほとんどが、禁止されていました。

登れる短い階段を見つけて、登ってみましたが、かなり急勾配で、降りるのが大変でした。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」中央祠堂 階段

 

回廊の間

建物とかレリーフに気を取られて、帰る時に気がついたのですが、回廊の間は、緑もあって、人もいなく、良い空間です。 

 

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」回廊の間

 

夕日

観光を終え、再び西正門に向かいます。夕日が奇麗でした。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」夕日

大きな遺跡です。3時間の観光でも、辛かったし、沢山、見落としている感じです。ゆっくり、第1回廊のレリーフをグルっと、見たかったですね。今度、また再び、ゆっくりとです。