読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

カリフォルニア州 デスバレー国立公園 ピンクジープ車で観光(前編)

 今回のラスベガス行きでは、デスバレーにと思い、現地ツアーを探して...16時には、戻らなければという時間に制約があり、見つけたのが、このツアーです。

「ピンクジープ車の快適バンで行く、デス・バレー国立公園観光」

前編です。

「ピンクジープ車の快適バンで行く、デス・バレー国立公園観光」ピンクジープ

 

ツアーの特徴

車内がゴージャスということもあり、選んだのですが... 以前にHISさんのオプショナルツアー「アンテロープキャニオン」の時の車の方が、車内は、高級感があり、座りごこちが良かったです。

そして、今回は、「英語ツアー」です。 この時刻制限では、英語ツアーしか見つからなかった...

何とかなるだろうと...思ったのですが...何とかは、なったのですが....

ガイドに付いてくれた方がそうだったのか、英語が通じないので、そうなってしまったのか... ほとんど説明がなく、どこを観光しているのかも、わからないツアーになってしまいました... (この日記は、後日、調べたことも入っています。)

ほとんどの場所が、聞かないと、説明していただけなかったです... このツアーは、もしかして、ガイドさんという立場出なく、単にドライバーさんという位置づけだったのかもしれません...

VELTRAサイト上で、体験談数が0だったのも、気になってはいたのです。レビューは、できる限り書く方なのですが...今回、このツアーでは、書こうという気持ちになれなかったです。

ちょっと... ツアー選択、間違えたかな...

 

予定スケジュール

 「ピンクジープ車の快適バンで行く、デス・バレー国立公園観光」スケジュール

昼食は、ランチボックスでした。大きなサンドイッチに、スナックの小さなポテトチップ、セロリと何か果物が入ってました(忘れた...)ミネラルウォーターは、飲み放題のようでした。

参加者は、私たちグループだけでした。で、結果的に早く見終わり14時頃には、ラスベガスに戻りました。

 

現地到着まで

ホテルのバスプールで、出迎えを待ちます。特徴のあるバスなので、すぐにわかりました。

曇っていて、天気の悪い日でした。到着までの、広大な大地の上に覆い被さる雲は、車の中からでも、見ごたえがありました。

夜明け前出発でした。雲の向こうの方で、日の出です。

デスバレー国立公園までの車窓の風景 日の出

いろいろな雲を見ることができました...写真がこのくらいしかマトモに撮れていないです。

デスバレー国立公園までの車窓の風景 雲

 

Twenty Mule Team Canyon

一番最初の、観光スポットに到着です。私たち以外、だれもいないです。

大自然を感じるドライブコース(ダートロード)。Star warsの有名なロケ地あるらしく、何か、短い説明はあったのですが...聞き取れなくて... ラスベガス最終日というのもあって、疲れていて...聞き直す元気がなく...

英語は、体力と気力が必要です^^;

デスバレー国立公園 Twenty Mule Team Canyon 到着

道の起伏を 車の走りで楽しむところのようです。あまり長い距離ではなかったです。

デスバレー国立公園 Twenty Mule Team Canyon

 

 Dantes View へ 車内より

 次のspotに向かう途中、車内からの景色です。

デスバレー国立公園 Dantes Viewへの 車窓風景

広大です。

デスバレー国立公園 Dantes Viewへの 車窓風景 道路

 

 Dantes View

 Zabriskie PointとBad Water等のデス・バレー全体を眺めることができる展望台です。

デスバレー国立公園 Dantes View 展望台へ

少し、上ります。苦になる登りではないです。坂の途中で、下の駐車場を撮影です。

デスバレー国立公園 Dantes View 駐車場

 

展望台からの風景です。

デスバレ国立公園ー Dantes View からの風景

展望台は、1,669m地点。

真下に見えるバッドウォーターは海抜マイナス86M、最高峰、テレスコープ・ピークは海抜3,368Mで、約3.5キロの壮大な景色が見えるところだそうです。

バッドウォーターは、どこらへんだったんだろう...  

デスバレー Dantes View からの風景

展望台にあった案内板です。この景色は、何処...

デスバレー国立公園 Dantes View、Zabriskie Point 案内板

 パノラマ写真です。規模が小さく見えてしまう...

デスバレー国立公園 Dantes View からのパノラマ風景

 

 展望台にあったもう一つの案内図です。

デスバレー国立公園 Dantes View、Twenty-mule team 案内板

ここで、先ほどよったTwenty-mule team(20ラバ隊)の意味がわかりました。

1848年にカリフォルニアで金が発見され、ゴールドラッシュが起きました。

金の精製過程でBorax(ホウ砂)を使うのですが、デスバレーはBoraxが豊富に採掘されました。デスバレーで採掘したBoraxを、165マイル (275 km) 先のMojaveまで運搬するため、1883年から1889年にかけて、Twenty-mule team(20ラバ隊)と呼ばれる18頭のラバと2頭の馬が、大型ワゴンを牽引しました。

  

ビジターセンター 

ビジタセンターでトイレ休憩です。

デスバレーでは、ここで入園料を支払います。(ツアーでは込みです。)公園内には、券売機もあるそうです。

ビジタセンター デスバレー国立公園マップ

いろいろないろいろな展示品もあります。

デスバレ国立公園ービジタセンター 展示品

後編へ続きます。