空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

メキシコシティ郊外(テオティワカン)へ、山々の斜面を埋め尽くす カラフルな家々とモノレール

メキシコ観光2日目です。テンブレケ水道橋とテオティワカン遺跡観光のため、バスで、1時間くらい郊外へ移動です。

メキシコシティ 郊外 斜面を埋め尽くす カラフルな家々

 

出発

8:00出発です。ホテルの前には、現地のお土産屋さんです。 アクセサリー屋さん、小物屋さん、敷物屋さんが出ていました。

しつこく販売はされてこないので、ゆっくり物色することができます。断ると、あっさり諦めてくれます。

メキシコシティ 朝の Hotel Royal Reforma 前 お土産やさん

レフォルマ通りの天使の独立記念塔の横をサーッと、通過です。

メキシコシティ レフォルマ通りの天使の独立記念塔

市内に向かう道路は、大渋滞です。逆向きは、スムースです。

メキシコシティ 朝の道路 メキシコシティ方面は渋滞

 

隣の州へ 立ち並ぶカラフルな家々

メキシコシティから、隣の州に入った途端、風景が代わります。山の斜面に、カラフルな家々が立ち並びます。すごい!ひしめきあってあっています。

ラインに沿って、建てられているように見えるのは、そこが州の境界線だからだそうです。

メキシコシティ側では、建設が許されていないそうです。

メキシコシティ 郊外 斜面を埋め尽くす カラフルな家々 メキシコシティ側は禁止

建てられるところ、どこにでも建ててる感じです。崖の上にも建物です。青い教会が素敵です。

メキシコシティ 郊外 崖の上にも家々

山がすっぽりと、家々で埋もれる風景が続きます。迫力がありましたぁ

メキシコシティ 郊外 斜面を埋め尽くす カラフルな家々

最近では、交通の便を良くするため、この斜面への ロープウエイが作られたそうです。写真の右側に、いくつものゴンドラです。

1台1台の運転間隔が短い感じがします。スキー場のリフトみたいに、次、次、みたいな感じかな。乗ってみたいです。

メキシコシティ 郊外 住宅地への ロープウエイ

高速道路の上を横切っていきます。上からは、どんな風景なんだろう。

メキシコシティ 郊外 高速道路を横切る ロープウエイ

だんだんと家が少なくなってきました。こちら側の境界線でしょうか。

メキシコシティ 郊外 斜面を埋め尽くす カラフルな家

家々の家根には、必ずタンクが設置されています。乾期の後半には、水不足で給水制限になることがあり、雨水をタンクに貯めて、大事に使用するそうです。

メキシコシティのホテル等は、優先順位が高く、制限はかからないそうです。

メキシコシティ 郊外 家の家根には、乾期対策のためのタンク

 

のどかな風景

だんだんと、住宅もなくなって、のどかな風景が続きます。

メキシコシティ 郊外 のどかな風景

ぼーっと外の景色を見ていて、山の麓に、小さな小山が、づっとあって、「なんだろう、不思議な小山だな」と、思っていたら、ガイドさんより、「あれがティオテワカン遺跡」です。と説明がありました。

ここからでも、あんな形で見えるくらい「大きいんだ〜」と驚きでした。

メキシコシティ 郊外 のどかな風景 小さな小山はテオティワカンのピラミッド

だんだんと、近づいてきました。ピラミッドの形に見えてきました。どちらかが、月でどちらかが太陽のピラミッドです。手前が太陽かな...

メキシコシティ 郊外 見えてきた テオティワカンのピラミッド

ワ〜イ!... 

で、ガイドさん「先に、テンプレケ遺跡を観光なので、先に進みます。後で、戻ってきます。」

おっと...ちょっと、ガックリでしたぁ^^。

 

サボテン畑

1320号線を、さらに先に行きます。しばらくサボテン畑が続きました。

メキシコシティ 郊外 サボテン畑

 

休憩

1320号線をさらに進んで、トイレ休憩です。ここには、ガソリンスタンドとコンビニOXXO(オクソ)がありました。

メキシコシティ 郊外 トイレ休憩 ガソリンスタンド と コンビニ

そして、トイレは、有料です。今回の旅行で、唯一の有料でした。

メキシコシティ 郊外  有料トイレ入り口

4ペソだったかと、5ペソコインで、「お釣り出てくるかな」だったので...

支払うと、ドアが回転します。

メキシコの公衆トイレは、場所によってですが、トイレットペーパーが、入り口に設置してあって、必要分だけ持って行く形になっているので注意です。(海外のトイレでは、時々、ありますね。)

メキシコシティ 郊外  有料トイレ 料金投入口

132号線に入って、小さな街「サンティアゴ テベヤワルコ」を通って、「テンプレケ水道橋」へ向かいます。