空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

標高1000m地に立つ 人気の 妙高高原 赤倉温泉「赤倉観光ホテル」眺望最高野尻湖側 本館洋室 に宿泊、これがあの二部式着物

標高1000m地に立つ妙高高原 赤倉温泉「赤倉観光ホテル」に宿泊です。人気のホテルです。今回のツアーの方達の半分が、このホテルに宿泊が参加目的でした。

標高1000m地に立つ 人気の妙高高原 赤倉温泉「赤倉観光ホテル」

妙高高原 赤倉温泉 [赤倉観光ホテル] 赤倉観光リゾートスキー場敷地内

 

アクセス

列車では、ちょっと不便です。

東京(北陸新幹線)→長野(しなの鉄道)→妙高高原

妙高高原から、予約制のホテルの無料シャトルバスが出ているようです。

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」アクセス by www.akr-hotel.com

by www.akr-hotel.com

 

客室の種類

客室の種類は、大きく分けると、3種類です。

  • 2016年12月にオープンしましたPREMIUM棟:温泉露天風呂付きテラスルーム、普通の部屋の2倍の広さがあります。PREMIUM棟専用のレストランもあります。
  • <SPA&SUITE>温泉露天風呂付きテラスルーム
  • 本館客室 ... 和室、洋室

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」館内案内図

PREMIUM棟に宿泊してみたいです...

 

 

今回 宿泊した客室

本館洋室、4階のツインルームでした。

妙高高原

カーテン開けて、ビックリです。とても良い景色です。ツアーなので、部屋の環境は、あまり期待していなかったのですが、大満足でした。同じツアーの方達も言っておられたです。皆、野尻湖側の客室だったようです。

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」本館洋室 窓

 

標高1000mの眺望

天気も良いし、部屋の窓の外には、ホテルの広い、敷地が広がっています。

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」本館洋室 午後の窓からの景色

パンフレットにあった、山の説明ですが...どれがどれだか、わからないです。

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」野尻湖側 山々

 早朝5:30、部屋から日の出前の景色です。野尻湖付近が、靄っています。

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」本館洋室 早朝 窓からの景色

眼下に一面の雲海を期待していたのですが、残念です。あの雲海がこちらまで来ないかなと思っていたのですが... ダメでした。

雲海で有名なホテルなのです。

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」雲海のアクアテラス パンフレットより抜

写真は、ホテルパンフレットより抜粋

雲海は、気象条件が合わないと難しいそうです。

 

本館洋室 部屋の備品

テレビ、冷蔵庫、お茶セットです。

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」本館洋室 備品類

冷蔵庫の中は、もちろん、すべて有料です。

無料のミネラルウオーターはと探したら、シンクのところに 下記の記載がありました。

ホテル内のすべての水道は、妙高山の湧き水を使用して. おりますので、そのままお飲みいただけます。

オ〜オォ〜です。こんなホテルは初めてです。

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」本館洋室 冷蔵庫

 

ベットです。それなりの硬さです。寝心地は普通でした。

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」本館洋室 ツイン ベット

折り鶴の歓迎メッセージです。

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」本館洋室 折り鶴で歓迎メッセージ

 

 

本館洋室 バスルーム

備え付けのソープが良い香りでした。

とても気に入って、購入してきたのですが... 東京に戻って、使ってみると...香りがきつく感じます。旅行時のハイテンションですね...冷静さ...また忘れてしまった...

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」本館洋室 シンクまわり

アメニティです。歯磨き粉がこの大きさには、驚きました。

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」本館洋室 アメニティ

大浴場に行くので、使わなかったですが、バスルームです。

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」本館洋室 バスルーム

 

噂の... 二部式着物

部屋には、二部式着物と浴衣が用意されています。 

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」二部式着物 と 浴衣

これが、あのレビューで悪評の着物ですね。

実物を見て、皆が言っていることが初めてわかりました。本当に、なんで、こんなの作ったのだろうと思います。

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」二部式着物

この二部式着物は、浴衣を着た上に着用するのです...

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」二部式着物の着方

上下が分かれていて、下は、布を巻きつけるようになっていて、腰巻のように着るのです。なんとも不安定、歩いているうちに、広がってきそうで... それに、浴衣の上に、なんてウザそうです。

上着は、丈が短くて、お尻が隠れないのです。おまけに、また太めの紐で、ぐるっと巻いて、お腹のところくらいで、結ぶのです...

女性が企画したんじゃないんじゃないかな...

痩せている方が着る分には、大丈夫だけど... ちょっと体格の良い方だと、隠したいところを、よけい誇張されてしまうような着物です。これでは、くつろげないです。

せめて、上着の丈が長ければ、上着だけでも使えるのに...

実際、上下を着ている方、ほとんど見なかったです。上着だけ着られている方は、チラチラと見ました。

 

浴衣とスリッパの館内利用について

  • レストラン(一部例外あり)・カフェバーの浴衣のご利用はご遠慮
  • レストラン白樺(和食)のみ、浴衣の上にお着物を着用していだだき、入店可能
  • スリッパは、全館で利用可能

 

朝刊

朝の散歩から戻ってくると、ショップで販売されている袋に朝刊が入って、ノブにぶら下がっていました。

「ワ〜、布バック、サービス〜」と... よく見ると、「こちらの新聞バックは、客室係が回収いたします。売店にて販売しております¥950(税抜)」と...なんか...です。

回収するんだったら、こんな袋使わないで、ビニールの袋にすれば良いのに... このランクのホテルらしくないです...

同じツアーの方達も、同じこと思った方が結構、おられたです。

この商品を気がついて欲しいからかな... 

妙高高原 赤倉温泉 「赤倉観光ホテル」朝刊

 

次回は、眺望がすばらしい アクアテラスやカフェテラスなどホテルの施設についてです。