空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

エジプト ルクソール 西岸 「王家の谷」王墓内 観光、ツタンカーメン他3王墓 見応えある壁画 「昼の書と夜の書」「死者の書」

ルクソール 西岸 「王家の谷」王墓内を観光です。ラムセス4世、ツタンカーメン、ラムセス9世、ラムセス3世と廻りました。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス4世 王墓 入り口壁画

ツタンカーメンの王墓以外は、写真撮影(料金を支払って)が可能でした。

 

ラムセス4世  王墓 KV2

一番最初に入りました王墓です。まっすぐ、平坦なお墓です。

入り口

入ってすぐ左側にコプト教徒のいたずら書きです。絵は、神父様だそうです。反対側の壁には、冒頭の壁画です。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス4世 王墓 入り口 コプト教徒のいたずら書き 

玄室までの通路

その後、ずっと玄室まで、綺麗なヒエログリフが続きます。こんなに色が残っているとは思わなかったので、驚きました。

奥へと長く続く、この壁画には目を奪われました。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス4世 王墓 通路 壁画 たくさんのヒエログリフ

色の材料は、主に鉱物、

  • 赤:鉄の錆び
  • 緑:銅の錆び
  • 黄:サフランの粉
  • 青:トルコ石
  • 紺:ラピスラズリ

これらを使用し、卵の白身でニスのような物を作って、上から塗ったそうです。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス4世 王墓 通路 壁画 たくさんのヒエログリフ 拡大

玄室へ。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス4世 王墓 通路 壁画 たくさんのヒエログリフ 玄室へ

玄室 

つきあたりの玄室には、高さ3m以上もある おおきな石棺が置かれています。

(写真は、玄室奥から、入り口を撮影です)

 エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス4世 王墓 玄室 奥から撮影

花崗岩で作られた石棺、王家の谷で最大だそうです。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス4世 王墓 玄室 巨大な石棺 

玄室 天井

天井には、エジプト人の宇宙観「昼の書と夜の書」が描かれています。

女神ヌゥト(天空の女神)が空を形成していて昼と夜とが背中合わせで描かれています。

夜側はヌゥトの体に星がたくさん描かれ、太陽を飲み込み、アメンラー神が船にのって旅をしている絵が描かれています。

昼側は、ヌゥトの口から太陽が生まれるところが描かれています。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス4世 王墓 玄室 天井「昼の書と夜の書」

ラムセス6世の王墓には、もっと美しい「昼の書と夜の書」があるそうです... 見たかったです...

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス4世 王墓 玄室 天井「昼の書と夜の書」足側

玄室 壁

「死者の書」をモチーフにした絵が一面に描かれています。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス4世 王墓 玄室 壁画「死者の書」

霊界の守護神、黄金のコブラです。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス4世 王墓 玄室 壁画「死者の書」

 

 

ツタンカーメン 王墓 KV62

二番目に、ツタンカーメン王墓を観光でした。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ツタンカーメン 王墓 

王墓内は、撮影禁止です。正面で記念撮影でした。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ツタンカーメン 王墓 KV62

かなり狭い王墓でした。こんな狭い部屋に、たくさんの副葬品が入っていたなんて、(博物館にあるものを考えると、)どうやって入っていたのだろうと思ってしまった。

中に入ると、ツタンカーメンのミイラがケースに入って、置いてありました。他のファラオのミイラは、カイロの博物館なのです。

玄室には、レプリカの黄金の棺が置かれていました。壁画には、ヒヒです。写真撮影ができなかったので、絵葉書を購入です。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ツタンカーメン 王墓 玄室 壁画 絵葉書より

 

 

ラムセス9世 王墓 KV4

こちらのお墓も、まっすぐです。玄室への道は、少し下っていました。

入り口の壁画です。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス9世 王墓 入り口壁画

通路

ラムセス4世のような、鮮やかなヒエログリフはなかったですが、荘厳感を感じる通路でした。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス9世 王墓 通路

壁には、神々を乗せた船が描かれていたりと、いろいろな壁画です。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス9世 王墓 通路 壁画 

玄室

通路を下って、突き当たりの玄室です。入りきらないので、パノラマで撮影。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス9世 王墓 玄室

 

 

ラムセス3世 王墓 KV11

建設中に、すでに建造済みの他の王墓とぶつかり、放棄されていたお墓をラムセス3世によって完成されたお墓です。 

通路

入り口を入ってのつきあたりは、ぶつかった後、右折してお墓が続いています。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス3世 王墓 通路

この通路のつきあたりです。掘削中の岩の穴から、隣の「アメンメセス王墓」KV10が見えます。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス3世 王墓 崩れた壁の穴から隣の隣の王墓

通路の壁画です。天井には、星マークがたくさんです。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス3世 王墓 通路 壁画と天井

ここのお墓の壁画は、白地に、たくさんの種類の興味深い絵が描かれています。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス3世 王墓 通路 たくさんの種類の壁画

ひとつひとつに意味があるのだろうと...ゆっくり見たかったです...

奥へ

どんどん奥に進むと、白地に、等身大の絵が多くなってきて、見応えがありました。

エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス3世 王墓 通路の奥へ 等身大の壁画

玄室の手前かな、先は、通行禁止でした。

 エジプト ルクソール 「王家の谷」ラムセス3世 王墓 通路の奥 通行止め

 

「王家の谷」での心残りは、ラムセス6世の王墓を見られなかったことです。

ツアーなので... 最初から、工程に入ってなかったのか、この時、入れなかったのかは、確認していないです。ゆっくり鑑賞もできなくて、だいたい 1王墓、15分くらいの鑑賞時間でした。

今度は、頑張って、エジプトにフリーで行くことをトライしてみようと... 鑑賞できる全部のお墓を訪れてみたいです。