空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

「TOKYO GAME SHOW 2017 (東京ゲームショウ2017)」ビジネスディ 幕張メッセ 、VR/ARコーナーで満足のVR体験

9月21日〜9月24日に開催されている「TOKYO GAME SHOW 2017」に行ってきました。いろいろなVR体験が目的です。

TOKYO GAME SHOW 2017 (東京ゲームショウ2017)

東京ゲームショウ2017

 

アクセス

会場は、幕張メッセです。

幕張メッセ アクセス

幕張メッセ - 日本最大級のコンベンション施設

海浜幕張の駅で、幕張メッセ側の出口をでると、すぐに、行き先を示す案内が常時あるので、迷わずに行くことができます。

海浜幕張駅 幕張メッセ側出口

 

会場マップ

会場は、International Exhibition Hall 1-8 ,9-11です。9-11は、少し離れています。Event Hallがフードコートになっていました。

東京ゲームショウ2017 会場マップ

 

ビジネスディ

9月21日、22日10:00-17:00では、ビジネスディでゲーム業界関係者のみが入場できます。関係者に配布された無料の登録券と、事前登録を済ませた上での5,000円の有料での入場が可能です。

初日でしたので、Press(報道関係の方)が、とても多かったです。未発表の作品や製品の展示の場では、Pressの方以外は、写真撮影は、どこでも禁止でした。

東京ゲームショウ2017 沢山の報道関係者

9月23日、24日で、一般(中学生以上)は、当日1,200円です。前売りは終了しています。

 

SONY BOOTH

PlayStation VR」を使ってみたくて、真っ先にソニーのブースに直行しました。

東京ゲームショウ2017 SONY BOOTH 「PlayStation VR」

ところが、このブースには、体験の為の行列もできてなくて... 聞いたところ、「PlayStation VR」の体験は、予約のみとのこと... ガ〜ン...常識なのかな、1時間くらいなら、並んでもよいかな...と思っていたのですが...

東京ゲームショウ2017 SONY BOOTH 「PlayStation VR」取材中

ビジネスディなので、取材の方が中心だからかな... 10年ぶりくらいのGAME SHOW参加なのです... いろいろな事が違うです...

 

SQUARE ENIX BOOTH

SQUARE EXIXのブースへ、大きな面積を占めています。

東京ゲームショウ2017 SQUARE EXIXのブース 案内図

何かステージを見てみることにしました。スケジュール一覧です。

東京ゲームショウ2017 SQUARE EXIXのブース 案内図 スケジュール

12:00〜の「ファイナルファンタジーエクスプローラーズ フォース TGS2017スペシャルステージ」を見る為、一番前を確保です。

ステージには、本作のディレクターを務める安部貴博さんらが登壇して、実機プレイの初公開や、さまざまな情報が公開されました。

東京ゲームショウ2017 SQUARE EXIXのブース 「ファイナルファンタジーエクスプローラーズ フォース TGS2017スペシャルステージ」

まだ、開発中の為、Pressの方以外、作品関連の情報は、写真撮影禁止です。

その時のPressの一人の方の記事がこちらです。

Android版のみクローズドベータテストが開催決定が決定しているそうです。そして、事前登録で、いろいろな豪華特典です。

久々に、ファイナルファンタジー、PLAYしてみたくなりましたぁ。

 

CAPCOM BOOTH

カプコンのブースへ。こちらは、すごい行列です。

東京ゲームショウ2017 CAPCOM BOOTH

「整理券の配布は終了」... 事前準備無し、フラっと来て、体験...なんて...甘かったです。この後、食後にまた、立ち寄ったら、このキャンセル待ちのところにも、行列ができていました。

東京ゲームショウ2017 CAPCOM BOOTH 「整理券の配布は終了」

 

日本HP BOOTH

PCを背負えるマシンに興味があったので、OMEN P1000のステージを鑑賞です。コードを気にせず、プレイができるのです。

発売が開始されている製品なので、写真をバシバシ撮影して大丈夫なステージでした。

東京ゲームショウ2017 日本HP BOOTH OMEN

思ったより軽そうに見えます。2.6kg、外付けバッテリーを含むバックパックキット装着時:4.73 kgです... やっぱり... 重いかな...

P1000は、デスクトップPCとしても利用可能です。

OMEN X by HP Compact Desktop P1000 製品詳細 - デスクトップPC | 日本HP

ゲーマーアイドルの古川未鈴さんのVR体験ステージもありました。楽しそうでしたぁ。

東京ゲームショウ2017 日本HP BOOTH OMEN 古川未鈴さんのVR体験ステージ

 

VR/ARコーナー

後半は、International Exhibition Hall 9-11 のVR/ARコーナーへ。このコーナーは、海外の会社が多くを占めていた感じです。

沢山の面白そうな体験物は、あったのですが... アジア系の会社のブースには、それに参加するのに、どこに並んだら良いか等の案内が、ほとんどなくて... そもそも並ばないのかな... 上海のCESアジアの時も、そうだったような。

東京ゲームショウ2017 VR/ARコーナー

 

こちらは、すごいマシンです。グルングルンと逆さまにもなります。酔いそうです。これを体験したくて、やはり、待ち行列がなくて、どうしたら良いかわからなくて、ウロウロとされている方が、沢山おられました。

東京ゲームショウ2017 VR/ARコーナー

 

 

VRを体験

解りやすい待ち列ができているブースがあったので、せっかくなので、体験してみることにしました。中国深センの会社 REALIS社のVR「THE LOST PASSAGE」です。

東京ゲームショウ2017 VR/ARコーナー REALIS社のVR「THE LOST PASSAGE」

REALIS

背中に背負ったマシンの重さは、ほとんど感じなかったです。ヘッドマウントディスプレイは、ちょっと重い感じがしましたが、ゲームが始まるとその違和感もなくなりました。

東京ゲームショウ2017 VR/ARコーナー REALIS社のVR マシン装着

久々のVR体験、自分が、異空間に放り出される感じ。やはり、すごいですね。

ちょっと、VRのゲームに弱いので、10分近く、ヘッドマウントディスプレイをしていたので... 軽い船酔い状態になってしまいました...

このブースの体験時間、結構、長いと思います。十分満足感のある体験でした。(その分、番が回ってくるのが遅いですが...)

東京ゲームショウ2017 VR/ARコーナー REALIS社のVR 楽しい体験

 

 

フードコート

コンベンションセンターに来ると、いつも困ったのが、混雑していて、席が確保できない食事の場所です。

でも今回は、Event Hallがフードコートになっているのです。

東京ゲームショウ2017 Event Hall フードコート

食事場所は、観客席なので、たくさんあります。余裕です。

東京ゲームショウ2017 Event Hall フードコート 観客席が食事場所に

いつから... こうなったのでしょう... そういえば、かなり「幕張メッセ」には来ていなかったです。良い考えです。

店舗毎に、行列の有無があります。長い方が、人気がある美味しいお店と思い、一番、長い店舗に並びました... が... 長いのは、料理を作るのが遅かっただけと、途中でわかりました... 列の長さで、お店を選ぶのは、やめましょうです^^;。

充実した1日でした。

 

 

 

r