読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

「あやしい彼女」2D 新宿ピカデリー

「あやしい彼女」2Dを新宿ピカデリーで見てきました。

思いっきり笑いたくてコメディを見ようと思い、見に行ったのですが、多部未華子さんが歌い上げる昭和のヒット曲には、とてもとても感動しました。

今年に入って、一番のジ〜ンでした。もっと軽い映画だと思っていました、深い内容だと思います。

「あやしい彼女」ポスター

新宿ピカデリー スクリーン9 マップ

 

感動〜

嫌なことが続き、思いっきりのコメディで、笑い飛ばそうと思い、見に行ったのですが...

笑う箇所もポイントで、何カ所かはあったのですが、逆に、シンミリとした考えさせられるところが多く、過去の回想の部分は、昭和の唄を歌い上げる形で、演出されているのですが、かなりの感動です、ジ〜ンときてしまいました。

しばらく、この余韻にしたっていたいほどでした。

 

 

ここらへんから少しづつネタバレ

 

昭和の唄

選曲されていた昭和の唄も良かったのだと思います。

これらの唄は、私がまだ小さかったころの唄なので、聞いたことはある程度だったのですが、多部未華子さんが、映像の中で歌い上げると、何とすばらしいことか....
「こんなに、感動する良い唄だったんだぁ」と思いました。

以下、感動した順です。

 

「悲しくてやりきれない」

作詞 サトウハチロー
作曲 加藤和彦
ザ・フォーク・クルセダーズ
1968年3月

多部未華子さん演じる大鳥節子が、テレビ局で歌い上げるシーンなのですが、歌い終わると皆が感動してシーンとしているのが、実感できるほどでした。

多部未華子さんの歌唱力がすごかったのでしょうか、それとも演出なのか...

「悲しくて 悲しくて とてもやりきれない この〜」

 

のフレーズが、ずっと耳から 離れないです。本当に心に残る唄です。

 

 

見上げてごらん夜の星を

作詞 永六輔
作曲 いずみたく 
坂本九
1963年ヒット

多部未華子さんのかわいい声で、丁寧に静かに歌い上げています。初めて映像に出てきた唄でした。コメディのレベルでは無いと思いました。

 

「真っ赤な太陽」

作詞 吉岡治
作曲 原信夫
1967年 アルバムよりシングルカットされた美空ひばりジャッキー吉川ブルーコメッツの楽曲

この映画を見るまで、ビシバシの演歌だと思ってました^^。

 

映画のアルバムが出ているということで、iTunesで調べてみたのですが、韓国版のはありましたが、この映画のは無かったです。

アマゾンで、「あやしい彼女」オリジナル・サウンドトラック を購入してしまいました。

「あやしい彼女」オリジナル・サウンドトラック

「あやしい彼女」オリジナル・サウンドトラック

 

 

 

ここから内容ネタバレです。

 

内容

73歳のおばあちゃん・カツ 倍賞美津子 が、写真館で写真を撮り、目を覚ましたら、20才 多部未華子になっていて、大鳥節子と名のり、いろいろ騒動を起こすという映画かと...思っていました。

孫とバンドを組んでライブをしたり、恋をしたりと、いろいろはあるのですが、それよりも、娘との過去の回想が、本当に感動でした。どんなに苦労したのか、どんなに悲しい思いをして必死で育ててきたのかが、唄でうまく描かれています。

若返る前の娘との喧嘩のさいの言葉「母さんの話って、私たちのことばかりじゃない、友達なんていない...」のような言葉だったかと...これが、この回想に、重みをさらに出しています。

周りの俳優陣も、ベテランが、良い味を出してます。娘役の小林聡美さん、恋人役の要潤さん、幼なじみの銭湯店主 次郎役の志賀廣太郎さん。

最後のシーンも良かったです。次郎ちゃんが、若返って、かっこ良くなって、カツももう一度、若返らせてあげればと思ってしまいました。

また、何度でも見たい映画です。邦画なので、WOWOWとかで、すぐ見れるかな。