空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

「闇金ウシジマくん Part 3」2D TOHOシネマズ新宿

闇金ウシジマくん Part 3」2D をTOHOシネマズ新宿で見てきました。

どれか映画を見ようと思い、ざっと映画サイトの集客状況をみたら、この映画が結構な集客状況でしたので、見に行く事に。そこまで面白い〜というほどでないのですが、記憶に残る映画です。

「闇金ウシジマくん Part 3」ポスター

TOHOシネマズ新宿 スクリーン11 MAP

集客

他の映画に比べ、集客状況が多いようでした。結果的に、スクリーン11、ほとんど席が埋まっていました。

原作は、人気のあるコミック、そのせいもあってか、見に来られている方達が、若い方ばかりでした。「超高速!参勤交代 リターンズ」の世代との違いがスゴイですね。

 

Pert 3

今回、Pert3ということで、見応えのある映画でしたので、初回の映画、Pert2とアマゾンで、販売していたので、 2つともレンタルして、見てみました。

ブラウザで購入すると、アプリのAmazonVideoで開きますかとなりますので、それで鑑賞です。(なぜか? アプリからは、購入できませんでした。)

私は、iPadで、HDMIのケーブルを使って、テレビで見ています。この映画でしたら、解像度等、全然、問題無い感じです。

Apple Lightning - Digital AVアダプタ MD826AM/A

Apple Lightning - Digital AVアダプタ MD826AM/A

 

初回の映画、Perlt2とも、レンタル期間30日、視聴開始で48時間で100円でした。他の映画は、もう少しするのですが、Pert3の上映もあって、今は、安くなっているのではと思います。

闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん

 
闇金ウシジマくん Part 2
 

 

ここから ネタバレ

 

内容

全作、弱さから借金を重ねていく人々の模様がリアルに描かれています。その当時の旬のものを題材にしていて、一攫千金を求めていく人達の破滅への流れがリアルです。また、その落ちていった人達(中心人物達)の その後も描かれています。

若い人達にとって(若い人には限らないか...)は、反面教師になるような映画ではと思います。こういう落とし穴には、気をつけろと...

 

初回は

イケメン5人組の大学生を利用して、イベントを主催して、のしあがろうとする高卒の青年、利用されているようで、その彼らにいいように扱われたりと悲哀が半端ないです。そこまで無理しなくともと思います。それに群がる亡者達と...

また、パチンコ常習者の母を抱えるフリーターの女の子を大島優子が熱演しています。この部分は、ちょっと奇麗に描かれすぎていると思いました。問題が解決するというのも疑問...が残りました。

 

Pert2は

ホスト業界で、のし上がろうとする若者の話、女の子達のお店でのホストへのお金の使い方、実際もこうなんだろうなと思いました。

仕事に追われた若い青年が、ストーカーになっていく流れも、スゴイです。

Pert2では、ボコボコにされる描写が多くて、ちょっと目を覆いました。借金を保険金で解決するところとか、こういうこと現実にあるんだろうな...とリアルさを感じました。

Pert3は

ネズミ講のようなネットビジネスにハマっていく青年、酒と女で、身を落としていくサラーリーマンが軸に展開されていきます。この軽いサラリーマンを演じているのがオリラジの藤森君、リアルでした。

今、上映されているPert3は、前作を見なくても、十分な内容だと思います。

また、主役の闇金のウシジマくんの出番が、今回は、少ないかなと思います。

 

 

俳優陣

毎回、借金をしまくる俳優さんたちは、その当時の旬の方達が出ていると思います。皆さん、若いのにリアルで、スゴイ演技です。その不安定ぶりを良く演じていると思います。

何よりも、主役のウシジマ君を演じる山田孝之さんの存在感がスゴイです。まわりの人達が異常なので、ウシジマ君が、一番マトモに見えます。

この映画を見た後だと、この役所の色が強くて、山田孝之さんの他の映画やドラマでは、ちょっと、違和感を感じてしまうようになるのではと思います。同じような役柄を演じていくのかな...

ウシジマ君を、囲むお店の方達や幼なじみも、お互いの信頼感が良く伝わってきて、良い感じです。彼らが、羨ましくも感じました。

 

次回作

Pert3の映画の最後で、10月22日(土曜日)『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』全国公開のお知らせがありました。「すべてがあかされる...」とか、言っていたかと、見に行こうと思います。