空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

カンボジア シェムリアップ 「アンコール・トム」広い城砦都市遺跡、日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)

アンコール・トムは、アンコール・ワット寺院の北に位置する1辺3kmの広い城砦都市遺跡です。この遺跡は、日本政府アンコール遺跡チーム(JASA)の方に案内をしていただきました。

南大門

4方を向いた観世音菩薩の巨大な顔がある四面塔の門から入場です。

 

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 南大門

柔らかい微笑みです。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 南大門 拡大

門のちょっと手前で、日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)の方と待ち合わせです。さっそく、門の説明をしていただきました。

日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JSA)の島田様と合流

ここは、橋の上のようです。向こうには、すてきな風景が広がっていました。

f:id:rararasan:20161129091053j:plain

 

トクトクで移動

門を入ると、次の遺跡まで、2台に別れて、トクトクで移動です。後ろ向きに座っていたので、通った道を撮影です。風が心地よかったです。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 トクトクで、中心部へ移動

 

日本国政府アンコール遺跡救済事業

バイヨン寺院等の修復を日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)が行っています。発掘の手法をカンボジアの方達に伝えていくのが、大きな役割と言われておられました。

 

バイヨン

アンコール・トムの中心のバイヨンの正面です。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 バイヨン 正面

良い感じの遺跡です。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 バイヨン 正面 入り口?

中は、こんな感じで、通れない所もありました。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 バイヨン内 崩壊した遺跡部分

壁画のレリーフが大きいです。奇麗な彫刻です。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 バイヨン レリーフ

 

修復中現場

本来は、見れない日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)が遺跡修復中の現場を、見せていただきました。この日は、休日でしたので、作業はされていなかったです。

良い写真が無いです...

いろいろな足場が建ててありました。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 JSA 遺跡修復現場

石の模様を、会わせる作業のようです。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 JSA 遺跡修復現場 石の模様

沢山の解明を待つ、石だそうです。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 JSA 遺跡修復現場 解明を待つ石

解った石には、番号を。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 JSA 遺跡修復現場 石には番号を

地道な作業です。

見つからない部分は、今の材料で、作るそうです。歳月が、色を同化していくのを待つそうです。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 今の材料で修復された遺跡

 

上部テラス

上部テラスは、石塔の微笑みを間近で見られます。1週、ぐるっと回れます。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 上部テラス

沢山の微笑みです。結構迫力です。日本の観光客には、「京唄子さん」との説明が多いようです。今の若い子は、知ってるのかな...

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 上部テラス 沢山の微笑み

ここには、こんなに素敵なレリーフも沢山です。四角く切断されているのは、さきほどの復旧作業のように修復されたからかな。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 上部テラス 修復されたレリーフ

中央祠堂にでてきました。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 中央祠堂

 

他の見所

アンコール・トムには、他にも第一回廊、第二回廊、バプーオン、王宮、ピミアナカス、像のテラス、ライ王のテラス他があって見所が沢山です。今回のツアーでは、まわらなかったです。

また、いつか、訪れようと思います。今度は、個人で、ゆっくりと...

 

シェムリアップへの直行便

シェムリアップまでの日本からの直行便、未だにないようですね...韓国からはたくさんあるのに...作ってくれないかな。

アジアの乗り継ぎって、イリーガルな事が起きる確立が高くて、個人だと大変ですよね...このツアーも、来る時、理由も解らず、乗り継ぎ便が、飛ばないということが、バンコクに到着してから、判明して、添乗員さん、大慌てで、手配してました。

添乗員さんも、必死でしたが、私達も乗れる飛行機の搭乗口が、はるか向こうで、時間が迫っているということで、かなり、ターミナル内を走りましたぁ。

乗り継ぎは、避けたいですね。

 

帰り

広いので、帰りもトクトクで出口まで、移動です。

カンボジア シェムリアップ アンコール・トム遺跡 帰りもトクトクで移動