読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

カンボジア シェムリアップ 「アンコール・ワット」 沢山の観光客と残念な 日の出鑑賞

ツアー3日目の早朝、アンコール・ワット遺跡の日の出鑑賞でした。アンコール・ワット本体の観光は、翌日です。 

アンコールワット遺跡の構造

西向きに建てられており、朝日は、神殿の上に上がります。環濠に囲まれていて、長い参道があります。

参道の両脇は、湿地のようですが、歩ける場所もあり、皆さん、いろいろなところで、待たれてました。

カンボジア シェムリアップ「アンコール・ワット」遺跡の構造

by Wikipedia

 

湿地では

この湿地には、馬が離されていて(繋がれてないです)、穏やかに、朝食していました(草を食べています)。

カンボジア シェムリアップ アンコール・ワット遺跡 早朝の壕付近

参道の上では、朝日を待っている観光客です。すごい数でした。

湿地の中の遺跡でも、待機中です。

カンボジア シェムリアップ 「アンコール・ワット遺跡」湿地で日の出待ち

 

気球から日の出鑑賞

日の出を気球から、という観光もあったようです。気球には、今まで、トライしたことがないです。今度、試してみたいですね。危険だとか...いろいろ聞きますが...

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」日の出鑑賞 気球

 

ベストショットは左池の前

左側の池の前は、アンコールワットの撮影ポイントのようで(ここからの写真を良くみます。)、たくさんの観光客が待機です。ここが一番、人が多かったです。カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」 日の出鑑賞 左壕の前

私たちは、参道や、左右の湿地をウロウロしていて、結果的に、左側の池の前で待機していました。

 

朝日は...

なかなか...ぱぁ〜と、明るくならないです...

これは、右側の池の前から撮影です。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」 日の出鑑賞 右壕の前から

こちらは、左側の池の前から撮影、観光客がたくさんいる場所が、やはり一番良い撮影場所ですね。

これが、今回の日の出のベストショットかな...雲ばかり...です。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」 日の出鑑賞 左壕の前

こっちかな...

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」 日の出鑑賞 曇り...

結果的に、これ以上、雲は消えなかったです。

この雨期の時期は、日の出は、あまり見えないそうです。雨が降っていないだけ、マシらしいです...

 

朝日鑑賞に、来られていた観光客

私たちは、諦めて帰ります。まだ、諦めきれずに、待つ人々です。西正門です。気球もまだ上がっています。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」 日の出鑑賞 日の出を待つ観光 参道

 

 

帰り道

諦めきれずに...皆で参道から撮影です。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」 日の出鑑賞 参道から

ちょっと、日の出っぽくなったかな...

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」 日の出鑑賞 参道から 少し明るく...

 

土手道

西正門をすぎた環濠の土手道の上です。とぼとぼと帰ります。この土手道は、沢山の国が修復に参加されたそうです。日本では、上智大学が、協力されたそうです。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」日の出鑑賞からの帰り 環濠土手道

ここら辺が、上智大学修復箇所です。と説明して頂いたのですが...いろいろな国の方が修復されたからか、いろいろな模様のボコボコ道でした。

カンボジア シェムリアップ 「アンコールワット遺跡」環濠土手道 いろいろな模様