空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

「沖縄美ら海水族館」大水槽「黒潮の海」は 見所たくさん、館外では無料な施設・プラグラムが沢山

2007年頃から、毎年、沖縄に行くたびに「沖縄美ら海水族館」を訪れていました。ここの大水槽「黒潮の海」が大好きです。 

「沖縄美ら海水族館」入り口 花ダコ

沖縄美ら海水族館 - 沖縄の美ら海を、次の世代へ

写真は、すべて2007年から2009年に撮影したものです。

 

アクセス

国頭郡本部町にあります。那覇市内から高速を使って車で2時間です。当時は、高速バスでは、ICから路線バスを使用しなくてはならなくて、アクセスが大変で、3回とも1日タクシーを借り切りました。(沖縄のタクシーは、本島よりお安いです。)

「沖縄美ら海水族館」アクセス by churaumi.okinawa

by churaumi.okinawa

今は、急行バスが那覇から出ていて、サイトで予約も可能なようです。

やんばる急行バス公式ホームページ

 

展示エリア

館内は、「大海への誘い」「サンゴ礁への旅」「黒潮への旅」「深海への旅」とエリアが分かれています。

図は、現在の「観覧ルートマップ」です。

「沖縄美ら海水族館」観覧ルートマップ by churaumi.okinawa

by churaumi.okinawa

 

館外には、「オキちゃん劇場(イルカショー)」、「ウミガメ館」、「マナティ館」等がありました。館外の施設は、すべて無料でした。水族館へ再入館する場合は、水族館内で再入館スタンプを押してもらいます。

マナティ館がとても記憶に残っています。おとぼけのような顔が、かわいかったです。

「沖縄美ら海水族館」館外の施設

 近くの海岸に下りることもできました。

「沖縄美ら海水族館」館外 海岸

 

大水槽「黒潮の海」 2007年

初めて訪れた時の写真です。 水槽の大きさ1位をどこかに抜かれてしまった時だったと思います。

水槽の大きさに、ビックリでした。10m くらいの ジンベイザメが3匹だったかな。水槽の中では、他の沢山の魚たちも、元気に泳いでいます。

2007年「沖縄美ら海水族館」大水槽「黒潮の海」ジンベイザメ

迫力の食事シーンです。ジンベイザメが立って、お食事です。水ごと、大きな口で吸い込んでいます。

この食事シーン、すごいのは、ジンベイザメだけでなく、周りの魚達も活気立ちます。ザワザワという感じです。

2007年「沖縄美ら海水族館」大水槽「黒潮の海」ジンベイザメ 食事シーン

そして、落ちて行った餌を、水槽の下で、他の大きめの魚達も食べていたのでしょうか... 下にたくさん集まっていました。

2007年「沖縄美ら海水族館」大水槽「黒潮の海」ジンベイザメ 食事中の 水槽の底

 

この水槽で、もっと、見とれてしまったのが、ナンヨウマンタです。5匹いました。水槽の中を常に優雅に集団で舞っていました。

2007年「沖縄美ら海水族館」大水槽「黒潮の海」マンタ

 

大水槽「黒潮の海」 を眺めながら、お茶をできるカフェ「オーシャンブルー」があります。運良く水槽の前の席が取れて、しばらく、ゆっくり、水槽を鑑賞することができました。

その時、撮れたのが、真正面のジンベイザメでしたぁ。可愛いです。

2007年「沖縄美ら海水族館」大水槽「黒潮の海」ジンベイザメ 正面

 

大水槽「黒潮の海」 2008年

2回目に訪れた時です。ジンベイザメにコバンザメでしょうか、お掃除ザメがへばりついているのかな。

 2008年「沖縄美ら海水族館」大水槽「黒潮の海」ジンベイザメ

お食事ショーでは、より近くで、立っているところが鑑賞できました。周りで泳いでいる小魚の大群も見応えがありました。

 2008年「沖縄美ら海水族館」大水槽「黒潮の海」ジンベイザメ 食事シーン

 

大水槽「黒潮の海」 2009年

3回目です。この頃には、水族館に人気がとても出ていて、館内たくさんの人でした。

2009年「沖縄美ら海水族館」大水槽「黒潮の海」ジンベイザメ

水槽内は、ちょっと大きめの魚の群れも見られました。

2009年「沖縄美ら海水族館」大水槽「黒潮の海」魚の群れ

他の水槽

サンゴ礁への旅」エリアで、大きめの水槽に、カラフルな魚達が沢山です。

「沖縄美ら海水族館」「サンゴ礁の旅」エリア 熱帯魚水槽

そして、群れも。とても見応えがあります。

「沖縄美ら海水族館」「サンゴ礁の旅」エリア 熱帯魚の群

いつ見ても、かわいいチンアナゴです。水槽内に流れがあるのか、みなユラユラと揺れていました。

「沖縄美ら海水族館」「サンゴ礁の旅」エリア チンアナゴ

大きなエビ... いつもエビは...美味しそうと思ってしまいます...

「沖縄美ら海水族館」 大きなエビ 

 

触れて学ぶ体験エリア

サンゴ礁への旅」エリアには、イノーの生き物たちに触れて学ぶ水槽があります。

「イノー」とは、沖縄の方言でサンゴ礁に囲まれた浅い海(礁池:しょうち)のことです。

安全な生き物達、ヒトデやナマコなどが展示されていて、触れることができます。結構、ヒトデって、硬いです。

「沖縄美ら海水族館」 「サンゴ礁の旅」エリア 生き物たちに触れて学ぶ水槽

 

 

アクセスが大変なので、最近訪れていないのですが、今度またゆっくりと訪れたいです。