空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

「メキシコ上陸」バスと、メキシコシティの渋滞、いろいろな試み、好感度UPです

メキシコ上陸で〜す。バスで最初の観光地、メキシコシティの歴史地区に向かいます。

その前に、ツアーバスの中から少しだけ触れることができた メキシコシティ市内の交通等についてです。

メキシコシティ チャプルテベック通り

 

メキシコ入国、メキシコ国際空港

入国審査、税関で、1時間くらいかけて、入国です(少し並びました)。税関では、ツアーの中で、2名くらいの方が、スーツケースを開けさせられていたようでした。

メキシコ国際空港、かなり大きい空港です。人も沢山です。横に...ボリューミィな方達が多いです。

メキシコ国際空港

メキシコのガイドさんに迎えられて、バスプールまで、皆で行進です^^。これから2日間、よろしくお願いします。

メキシコシティ2日間のガイドさん

今回は、日本人のガイドさんではなく、現地の方で、日本語を話せるガイドさんでした。説明は、とても解りやすかったです。

少し、日本語、おかしい箇所がありました... 「発掘」をずっと、「白骨」っと言っていました。でも、一生懸命で、この間違いも微笑ましかったです。

バス、到着です。

メキシコ国際空港

 

観光バス

メキシコの観光バスは、大きいす。そして、かならずドアが2つありました。もう一つのドアは、一番後ろだったり、中央だったりと、乗り降り、とても、便利でした。

世界遺産を巡る旅 1,2日目 メキシコシティでの観光バス

ただ... 最悪だったのが... デザイン重視のバスなのです。窓にデザインのため、シールが貼ってあるのです。

バスから車窓の風景を見ることが大好きな私には、最悪でした。バスの中からは、こんな感じで、邪魔です。

世界遺産を巡る旅 1〜3日目 メキシコシティでの観光バス 車内

まだ、メキシコシティのバスは、シールの貼ってある面積が少ないので、良いのですが、最悪だったのが、メリダのバスです。

真っ黒のシールが座席の窓の半分を占めていたり、貼っていない箇所でも、窓の光避けの透明シールの貼り方が雑すぎて、外の風景が、歪むのです。バスの中から外を撮影すると... 写真が波打っているのです...左側の座席は、全滅でした。

かろうじて、黒シールも貼ってなくて、歪んでいない後方の右側の席を確保しました...

世界遺産を巡る旅 3,4日目 メリダ,カンクンでの観光バス

乗り物大好きで、車窓の風景は、とても楽しみなので...大ごとだったのです...ツアーの他の皆さん、全く、気にされていなかったです...

一人で、「ヒドイ、ヒドイ...」と騒いでました... (お騒がせして...すみません..)

 

メキシコ市内  メトロブス

「メトロブス」を、テオティワカンに向かうさい、同じ通りを走っていましたので、何本か目にしました。

メキシコシティ インスルテヘンテス・ノルテ通り メトロブス

「メトロブス」は、地下鉄のメトロと並んで多く利用されている公共交通機関です。主に、メキシコの中心部を走る連結バスです。

Metrobús

専用レーンを走るので、渋滞の影響もあまり受けないです。左端の車線が専用レーンです。他の車が渋滞でトロトロ走っているのですが... メトロブスは、あっと言う間に、走り去っていきます。

fメキシコシティ インスルテヘンテス・ノルテ通り メトロブス 交差

 

ローカルバス

メトロブスは、メキシコシティ中心部だけで、その先の市民の足は、ローカルバスになります。

テオティワカンへの路線では、このメトロブスの終点駅に、ローカルバスのターミナルが設置されてました。

解り憎いですが... 写真の右が、メトロブスの駅の端、左がバスターミナルの端です。

メキシコシティ メトロブスの終点 ローカルバスのターミナル

メキシコ自治大学に行く途中でも、大きなバスターミナルをツアーバスの中から、見ることができました。

メキシコシティ ローカルバスのターミナル

 

「市民の足はバス」 と 「車を持つステータス」 と 渋滞

メキシコシティ周辺の車の渋滞は、とても酷かったです。ツアー時間は、その時間も考慮されて、構成されていました。

メキシコシティ チャプルテベック通り 混雑と 木造の歩道橋

(この歩道橋、木造作りで、素敵でした。いろいろな所で見かけましたぁ。)

メキシコの家庭では、自家用車を持つことが、ステータスになっており、目標だそうです。持った家庭は、ステータスを獲得したのだから、バスには、絶対に乗らないそうです。

で、渋滞がどんどん、酷くなっていくという流れになってしまっているそうな。

 

レンタル電気自動車、自転車

メキシコ政府は、いろいろ対策を考えて、最近では、レンタル電気自動車、自転車を始めたそうです。

歴史地区を観光していた時に、見かけました「レンタル電気自動車」です。

メキシコシティ 歴史地区 レンタル電気自動車 充電中

そして、いろいろなところで、見かけたレンタル自転車です。

メキシコシティ 国立人類博物館付近 レンタル自転車

メキシコシティで宿泊したホテル裏の警察署の前でも、見かけました。

メキシコシティ 独立記念塔付近 レンタル自転車

 

CDMX

メキシコシティで、いろいろな所で見かける「CDMX」の文字は、「シウダ・デ・メヒコ」(Ciudad de México) =メキシコシティの略です。

タクシーのドアにも、記載があって、レンタル電動自動車もそうでしたが、カラーも統一されています。

メキシコシティ タクシー ドアにCDMX 統一されたカラー

いろいろな所で、この色が使われています。

メキシコシティ CDMX カラー がたくさん

メキシコに来て、持っていたイメージが...かなり、変わりました。

グアテマラと同じ中米の国だと...思い込んでいました。

メキシコシティの取り組みとか、少し触れることができ、統制された街中の感じとか、十分な先進国です。国の香りが、アメリカに近いです。

他の国と違うと感じた箇所もあって、「今から、もっと、発展していくんだ感」が満載な国だと思いました。(ツアーで、良い箇所しか目にしなかったからかな...)

メキシコ、より好感度UPです。初日から、ルンルンでした。