読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

上海 シルク・ド・ソレイユ、プロジュース 雑技 「ERA 時空の旅」

旅行 個人旅行 海外旅行:中国・台湾 ナイトショー

 

2015年5月、シルク・ド・ソレイユ、プロジュースの雑技があると聞き、「ERA 時空の旅」を見に行きました。上海雑技は、今まで1度、見たことがあります。

ERA-Intersection of Time - The offical website of Shanghai Circus World acrobatic show

 

チケット手配

 チケットの手配は、当日、劇場で購入できるかどうかが不安でしたので、ホテルオークラ 花園飯店 2階にあるJTBで手配していただきました。(このホテルに宿泊していました。)
この窓口で、手続きを行ない、料金を支払います。当日は、何分か前に劇場にいき、チケットを受け取ります。

JTB上海 花園ラウンジ|JTB 佳天美(上海)国際旅行社有限公司 |JTB CHINA

 

席の種類は、貴賓区 600元、VIP-A区 420元、VIP-B区 320元の席が購入可能なようです。

ERA 時空の旅 劇場マップ

 

めったに見れないと思い、一番良い席の「貴賓区 600元」にしました。
ラスベガスのシルク・ド・ソレイユのショーのチケットは、安い席でも1万円、良い席だと2万円は超えるので、この額に、あまり抵抗が無かったです...

ERA 時空の旅 チケット

VELTRAでもこのチケット扱っているようです。

VELTRAのサイトは、現地オプショナルツアー予約サイトです。現地の複数の旅行会社がツアーを出しています。時々、使っています。ハワイで車をチャーターしたり、アメリカのグランドキャニオンのツアーを予約したりと、現地に行って、あわてて手配しなくて良いので便利です。

取り扱っている会社は、レビューを見たり等して、かなり吟味してから決めています。このサイトを使って、後悔したことはないです。

 

駅から会場

さて、当日です。
地下鉄1号線上海馬戲城駅から徒歩3分とあります。
が、道に迷ってしまい、たどり着くのに、10以上かかってしまいました...
駅を降りたら、劇場に向かう人の行列があると思って、下調べしてこなかったのです...
実際に、降りたら、駅の出口周辺は、閑散としてました...「ワ〜...駅間違えた、駅???」状態でした。
駅の側なので、歩いて、何もなかったら、戻ってきた方がよいです。劇場に近づいてくると、観光バスとかが見えてきます。

地下鉄で、見に行く人が少なかったのです。ほとんどお見送りのバスや車でくる観光客ばかりでした。
帰りの地下鉄も、この劇場からの帰りの人は、ほとんどいなかったです。

チケット売り場で、待ち合わせをして、JTBの人よりチケットを受け取ります。窓口で受け取るのではありません。
劇場の前の別の建物にあります。この時は、右側の階段を上がったところだったかと思います。
椅子がありますので、座ってJTBの方を待ちます。
平日だったせいもあるのか、チケット売り場、ほとんど混雑はありませんでした。これだったら、自分で直接購入できたかもしれません。さすがJTB、約束より、早く来ていただいて、チケット受け取りました。

 

会場内へ 席がど真ん中〜

さぁ、会場です。
劇場が思ったより小さいです。

ERA 時空の旅 劇場 観客席

 

で、席が--!! 一番の前の席のど真ん中です。手を伸ばせば、演技者に、手が届きそうです。
恐らく、貴賓区 600元の席を一番先に、購入したのだと思います。
貴賓区の席は、半分は空いていました。私の席の両サイド、空いてました。
劇場が小さいのと、半円形になっているので、ショーを見るにあたって、たいして、席に差がありません。で、こんなに高い席は、皆、購入しないのでしょう...VIP-B席でも、十分、満喫できると思いました。
まぁ、買ってしまったので、ど真ん中で、ガラガラの席で、ショーを満喫しました。この席から、一番近い席のトイレもガラガラでした。他のランクの席は、満席ではなかったですが、それなりに人が埋まっていたと思います。


シルク・ド・ソレイユ、大好きなので、ワクワクですぅ。
それに、中国のショーでは、日本やアメリカのショーと違って、写真撮影がOKなのが良いです。

 

演目前半

はじまりは、期待通りでした。幻想的です。シルク・ド・ソレイユ っぽいです。

ERA 時空の旅 幻想的な始まり

で、一通り、開始の演目が終わると...
突然、普通の雑技です...皆、以前に見た事があるものばかりです...
ただ、背景がデジタル画像で、それぞれが彩られているといった感じでしょうか。
奇麗でした...が演目は同じです...

ERA 時空の旅 自転車曲芸

ERA 時空の旅 丼曲芸

ERA 時空の旅 輪くぐり

ERA 時空の旅 壷曲芸

ERA 時空の旅 輪の上を歩く

 

 

幕間

で、一旦休憩です。休憩の舞台演出は、以前と違ってました。

幕の上に、映像が投影されているのだと思います。たぶん...

ERA 時空の旅 休憩舞台

 

 

演目後半

休憩のあとも、以前に見た事があるものが続きます。

ERA 時空の旅 光ボール?

ERA 時空の旅 軟体芸

ERA 時空の旅 シーソー芸

ERA 時空の旅 トランポリン芸

ERA 時空の旅 紐吊

ERA 時空の旅 皿回し

これは、中に入っているバイクの台数がどんどん増えていく定番のです。

ERA 時空の旅 バイク曲芸

これだけの人が、中に入っていました...です

ERA 時空の旅 バイク挨拶

結果的に新しい演目は、ほとんど無かったかと思います。

 

フィナーレ 挨拶

最後の挨拶です。中央真ん前なので、皆が目の前に来て、挨拶してくれます。なんか優越感です。

ERA 時空の旅 フィナーレ それぞれ挨拶

ERA 時空の旅 フィナーレ みんなで挨拶

一番前で、ゆっくり見れて、写真もいっぱい撮れたので、それなりに満足でした。

ただ、もし、演目が、以前に、見たものばかりと、事前に、知っていたら、見に行かなかったかなと思います。以前に見た雑技団がこのチームだったのではと思います。初めての方には、お勧めです。

 


今、上海ナビさんのページで見ると、撮影禁止との記載があります...私が見た時は、撮影している方が沢山いました。私なんて、真ん前のど真ん中で、バシバシと撮影してしまっていて...だれからも、何も言われなくて...

以前、雑技を見た時も、写真どころか、目の前で、演目中、ずっと、ビデオ撮影していた観光客の方が数人いました。何か、今は、変わったのかもしれません...