空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

ねこ島を「佐柳島」に決定、餌「煮干し,まぐろ...」と「 猫じゃらし」と 自分用飲食物 の準備

上陸の前に、ねこ島(佐柳島)への準備についてです。

香川県 ねこ島(佐栁島)

 

佐柳島

なぜ、数あるねこ島で、佐柳島にしたのかというと

  • うさぎ島の帰りに寄れること
  • 島民の方から、餌やりの苦情が出ていないところ
  • 交通の便が良いところ

佐柳島が、この条件に合致していました。

 

餌と「猫じゃらし」の準備

やっぱり、猫は、「煮干し」かなと思い、ペット用の「煮干し」500gのを2袋購入。 学生時代、田舎で飼っていました猫の餌がそうだったので...昔は、キャットフードなんて、売ってなかったのです。

フジサワ 減塩ペットにぼし 500g

フジサワ 減塩ペットにぼし 500g

 

そして、もし、食べてくれなかったらと思い、「まぐろカマスライス」150gを1袋、購入しました。

フジサワ まぐろカマスライス超お徳用 150g

フジサワ まぐろカマスライス超お徳用 150g

 

よくねこ島に行かれる方が、持っていく「猫じゃらし」も小さいものを購入しました。

猫じゃらし 猫じゃらし 2本入

猫じゃらし 猫じゃらし 2本入

 

 

餌 残念な結果...

「減塩ペットにぼし」を食べてくれる猫は、2/3くらいでした。「まぐろカマスライス」は、「煮干し」より、少し食べてくれました。

最初、高齢の猫が多くて、歯が悪いのかなと思い、「煮干し」を、細かく崩して、「まぐろカマスライス」は、小さくちぎって、あげてみました。

それでも、食べてくれない猫が結構いて... その猫達は、食べる猫達と比べると、痩せ細っているのです。

顔立ちの良い美人さんの この猫さんなのですが... 食べてくれませんでした。

f:id:rararasan:20170425111417p:plain

 

心配になって、もっと、細かく切ってみたりとかしたのですが...全然、最初は、匂いを嗅ぐのですが、顔を背けてしまいます。

他の観光客の方も 「煮干し」「キャットフード」のようでした。他の方のも食べていなかったようです。

 

食べない猫たち

昼食のパンを食べていた時に、なぜ、食べないのかが、解りました。

ベンチで食事をしていると(菓子パンを食べていると)、ワラワラと、猫達が、周りに集まってきます。歩いていたり、餌袋に、手をかけていたりする時より、集まってきます。

ちょっと、距離を置いて、グルっと囲まれている感じです。なぜ... かなりの...違和感です。

香川県 ねこ島(佐栁島)食事中 グルッと囲まれる

私に、動きがないと、集まった猫達、まわりで、寛ぎだします。なぜ〜...。

香川県 ねこ島(佐栁島)食事中 グルッと囲まれ、くつろぎ出す猫達

さらに、さきほど、全然、餌を口にしなかった この猫さんが、一番、積極的で、座っているベンチの横に上がってきました。触っても、逃げないです。少し、良い感じの静かな時間でした。 

香川県 ねこ島(佐栁島)食事中 隣にきた猫さん

それが...一変します...

私が、食べていた菓子パンをポロっと、落としてしまったのです。と、この猫さんも、さきほど、餌を口にしなかった猫達も、その落ちたパンを目掛けて、俊敏に飛びつくのです。

目の前の光景に、私がパニックです...

「こういう人間の食べ物だったら、食べるの?」

「まだ、持っている他のパンもあげれば、食べてくれるかなぁ」

「でも...猫の体には、悪いよな...」

「でも、キャットフードが無かった小学生のころって...飼っていた猫に人間の食べ残しあげてたよな...」

 

と、どうしたら、よいか... わからなくなってしまいました。

結果的に、人間用の食べ物をあげてくることは、止めました... 観光客の方が、人間の食べ物を覚えさせてしまったんだろうと思います。

 

残った「煮干し」

「煮干し」は、1袋半も残ってしまいました。猫達、そんなに数は、いません。50匹も見なかったと思います。お腹いっぱいの猫達は、そんなに食べてくれません。ついつい、うさぎ島と同じに考えてしまって... たくさん用意して...しまいました。

うさぎ島 カテゴリーの記事一覧 - 空飛ぶおばさん旅日記

残った餌は、お店の猫用餌器に、テンコ盛りに、入れさせていただくことに...

香川県 ねこ島(佐栁島) 本浦港周辺のお店

猫缶とか、「ちゅーるの液状おやつ」とかだったら、喜んで、食べてくれたのかな... これらを持ってきていた方、いなかったようです。

 

「ねこじゃらし」の結果

若い猫達が、少なかったのもありますが、ジャレてくれる猫のグループが...1箇所くらいしかなくて...

そのグループには、観光客が群がります。

ねこ島 とか うさぎ島 とかの 暗黙のルール、他のグループが、接している間は、横取りしないように、遠目で見ているか、近づかないというのがあります。

ゆえ、ジャレてくれる 猫の グループは、いずれかの観光客のグループが、いつも側にいって、私は、接することができなかったです。

それでも、メゲズに、他の猫に、「ねこじゃらし」...使ってみたのですが...全然、遊んでくれなかったです。猫達の高齢化もあるかもしれません。

 

自分用 飲み物、食事の用意

お店は、ひとつの集落に1店舗づつ、2店舗あります。食べ物、飲み物が販売されているかどうか不安でしたので、用意していきました。

実際には、お店に、入り憎くかったです(理由は、後の日記で)。他の観光客の方達も入られていなかったかと思います。

飲み物の自動販売機は、一切ありません。5時間くらいの滞在です。600mlの麦茶を持っていったのですが... 足りなかったです。

あと、昼食用の菓子パンを3個(暑いといけないので生物をさけました)と、ポットに、コーヒーを500mlです。

 

ねこ島(佐柳島)の詳細は、次回の日記で、です。