空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

エジプト ルクソール 東岸 ルクソール神殿観光、持ち去られたオベリスク、キリスト教徒による破壊が顕著な遺跡...

ルクソール神殿の観光です。この神殿は、カルナック神殿複合体のアメン神殿の付属神殿として建立されました。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿

入場券 100£Eです。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 入場券

 

ルクソール神殿 マップ

神殿前には、スフィンクスの参道が広がり、入り口にはオベリスク、2つの建造時期の違う中庭が大列柱廊をはさんであり、奥には、至聖所です。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 入場券 マップ

 

スフィンクスの参道

アメン神殿までつながっているといわれているスフィンクスの参道が入り口広場の向こう側にあります。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 スフィンクスの参道

 

入り口 オベリスク

当時は、第一塔門前には、2基のオベリスクとラムセス像左右3体があったそうです。

向かって右のオベリスクは、今は、フランスのコンコルド広場にあります。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 入り口 第一塔門

土台だけが残っています。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 第一塔門 持ち去られたオベリスクの土台

残っている1基、25mのオベリスクです。ラムセス2世が建設です。

対で見れたら壮観だったろうと... フランスは、当時、変わりに時計を贈ったそうですが... 返還してくれるとかはないのかな...

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 第一塔門 残ったオベリスク

 

第一中庭

第一塔門をすぎると、たくさんのパビルス柱の中に、たくさんのラムセス像で囲まれた中庭です。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 第一中庭

頭が落ちている像が多かったです。

キリスト教徒による偶像崇拝禁止による破壊と推察されています。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 第一中庭 頭が落ちた像

この中庭には、ハトシェプスト小祠堂もありました。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 第一中庭 ハトシェプスト小祠堂

 

ラムセス坐像

大列柱廊への第二塔門の前には、ラムセス坐像です。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 第2塔門前 ラムセス坐像

坐像の側面には、上下エジプトの統一図のレリーフです。それぞれの象徴のパピルスとロータス(蓮)をファラオが、引っ張り合っています。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 第2塔門前 ラムセス坐像 上下エジプトの統一図のレリーフ

坐像が踏んでいる足元には、敵対するヌビア人のレリーフです。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 第2塔門前 ラムセス坐像 敵対するヌビア人のレリーフ

 

大列柱廊

開花式パピルスが2列14本並んでいます。高さ19mです。

午前中に、アメン神殿の壮大な「大列柱室」を見てしまった後なので... 感激が薄かったかな...

先にルクソール神殿から観光した方が良いかもです。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 大列柱廊

 

太陽の中庭

アメンホテプ3世時代に作られた庭です。柱の形も違っています。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 太陽の中庭

柱の下部に、レリーフが残っていますが、こちらも、キリスト教徒によって傷つけられている部分が見受けられました。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 太陽の中庭 柱のレリーフ

14時頃と、とても暑い時間帯だったせいか、観光客も少なくなって、広々とした圧迫感のない 良い感じの空間でした。パノラマ写真です。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 太陽の中庭 パノラマ写真

 

至聖所

さらに奥に進むと、エジプトの遺跡にはない雰囲気が、ドーム型の入り口、柱までローマ風です。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 至聖所 入り口

ローマ時代に礼拝堂に改装されてしまった部屋です。壁には、ローマ人?、レリーフの上から、描かれてしまったそうです。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 礼拝堂に改装されてしまった部屋

 そして、破壊されてしまった壁画です...

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 破壊されてしまった壁画

 

モスク

第一中庭には、今も使用されている人気のあるモスクがあります。以前は教会でモスクに改装されたそうです。

建設当時は、この遺跡が埋もれた遺跡であったため、当時の入り口が建物の上の方に残っています。

エジプト ルクソール東岸 ルクソール神殿 今も使われているモスク

 

次は、ルクソール西岸観光、王家の谷へのウォーキングの模様です。