読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶおばさん旅日記

旅...映画...日々のいろいろ...つづっています

ミャンマー旅行 市内バス、国内線、ANAビジネスクラス

ヤンゴン市内のバスと、ミャンマーの国内線とANAビジネスクラスの様子です。 

ヤンゴン市内バス

ヤンゴン市内のバスです。なぜか、バスは、皆、ドアを閉めないで走っています。

結構、ドア付近まで、乗車しているバスもあって、危なそうでした。

ガイドさんに聞いたところ、閉めなければいけないそうなのですが...

ミャンマー ヤンゴン市内 入り口ドアがあいたままのバス

ミャンマー ヤンゴン市内 入り口ドアがあいたままのバス

 

ボケてしまいました...空港近くのバス停です。バスは乗る方が多いようです。

ヤンゴン市内 バス停

 

ミャンマー国内線

2日目早朝、バガンへの国内線です。 

国内線の待合室です。少し、ショップも有り、いくつかアクセサリーが売っているお店があります。購入しませんでしたが、見ていて楽しかったです。椅子も豊富にありました。

ミャンマー ヤンゴン 空港

飛行場のトイレです。トイレットペーパーもありましたが、左のシャワーのようなものは、何に使うのでしょう??

ミャンマー ヤンゴン 空港 トイレ

国内線の搭乗券です。 便名が、行きも帰りもW9143でした。

行きは、指定席でしたが、帰りは、乗り合い飛行機のような雰囲気で、ダッシュして、席取りをしました。マンダレーとあとひとつどこかに停まって、乗客の乗り降りがありました。

ミャンマー 国内線 チケット

 

機内食です、結構マトモで、美味しかったです。お弁当を食べてしまった後でしたので、あまり、食べれなかったです。

ミャンマー 国内線 ヤンゴン-バガン 機内食

バガンの空港です。

ミャンマー バガン 空港

プロペラ機でした。

ミャンマー 国内線 ヤンゴン-バガン プロペラ機

 

 

 ANAビジネスクラス

今回のツアーの目玉のひとつの、成田-成田のビジネスクラスです。 

1列、2-1-2のシートでした。

私は、行きも帰りも中央の独り掛けのシートでした。一人シートなので、気兼ねしなくて良いですし、この席には、横に、大きな鞄を入れる場所があります。席に座ったまま、荷物が出し入れできるので良いです。窓際の2列席にはありません。

成田-ヤンゴン ANAビジネスクラス

まず、Welcomシャンパンと、ミネラルウオーターが配られました。

成田-ヤンゴン ANAビジネスクラス Welcomeドリンク

アメリカ線のように、フルコースで、順番に出てくるのではなく、纏めて料理がでてきます。ちょっと...残念です。

成田-ヤンゴン ANAビジネスクラス 食事

デザートと、珈琲です。小さなチョコレートが付きました。

成田-ヤンゴン ANAビジネスクラス デザート

 

 

 ANAビジネスクラスラウンジ

ヤンゴンANAビジネスクラスのラウンジには、シャワーブースはありませんでした。広いトイレがひとつあるだけでした。夜の便でしたので、シャワーを使用したかったです。十分な軽食、飲み物は、用意されていました。 

成田のANAの アライバルラウンジです。制限区域外にあります。その為、入場時には、チェックがあります。搭乗した便を伝えると、電話ですぐに確認していただけます。

早朝ですので、ほとんど人がいませんでした。

成田 ANA アライバルラウンジ

軽食、飲み物は、出発ラウンジと同じようでした。

成田 ANA アライバルラウンジ 軽食

シャワーがありますので、このまま、会社に出社等の時は良いです。